ライフ

歴史を変えた「ユニクロの偉大な名品」ベスト3を発表

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第231回目をよろしくお願いします。
メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 さて、今回は「歴史を変えたユニクロの偉大な名品3選」をご紹介。数あるユニクロ製品の中でも良品も悪品も体験して、見てきた私が勝手に決める「BEST3」。今の時期に購入可能なものの中から3つに絞り、名品を選抜しました。ショッピングのご参考にぜひどうぞ。

高級スーツを超破格で購入可能に

▼オーダーメイド感覚で選ぶ、ストレッチウールジャケット 1万1990円(+税) ストレッチウールジャケット(¥11,990+消費税) セール価格で1万1990円。ユニクロにしてはちょっと高いな……と思うかもしれませんが、実物を見ると素材感も作りも完璧で破格だと思うレベルなのです。  こちらのジャケット、デパートの平場で買えば3万円以上してもおかしくないほどのクオリティ。高級スーツの袖口や胸裏などについている「“Super110’sウール”」なんて表記、こちらは糸の細さを表すもの。一般的には数値が高ければ高いほど糸が細くツヤが多く出るとされています。数値だけで素材のクオリティが決まるわけではもちろんありませんが、「110」は3万~4万円台の高級スーツなどに見られるもので、少なくとも1万円程度のジャケットについていることはほぼありません。  スーツは基本的にデザインで差別化することが難しいアイテム、素材と色とシルエットで美しさを表現するのが基本です。こちらのスーツは素材は上述の通り、高級品と同様の美しいツヤを含み、さらにシルエットは「セミオーダー」で自分の体にぴったり合わせることができる、色はベーシックな黒と、どこを切ってもぬかりのないつくり。なぜかジャケットだけがオーダーでスラックスは既製品というのは残念ですが、十二分に美しいスーツを格安価格でつくることができます。  一つ文句をつけるならこちら平織り素材なのですが、できれば綾織り素材がほしいところ。平織りは通気性がよく、軽く着心地もいいのですが、薄手になるので冬には使いにくい。ユニクロさん、冬用の綾織りがほしいです。  なぜかユニクロの界隈の話をすると「感動スーツ最強説」を唱える人がいますが……もちろんアレも極上の出来ですが個人的にはこちらの方が名品かと。デパートの平場で買う高級品をこの価格で手にできるのは本当にスゴい。
次のページ 
インソックスを身近なものに
1
2
3
SALE中!「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事