ライフ

コロナ自粛中は何してた? プロレス棚橋弘至はアニメと英語の勉強

 まだまだ油断できない新型コロナウイルス。その影響は“感染”せずとも一般家庭の人々にしっかりと及び始めている。妻との軋轢や育児に疲れ果てる者、帰宅難民と化す者、子供を奪われそうになる者……。今、多くの人の“コロナ疲れ”が臨界点に達しようとしている。そこで著名人の方々にコロナ疲れに負けないストレス解消法を聞いた。
プロレスラー棚橋弘至氏

棚橋弘至氏

自粛期間を糧としてコロナにフォール勝ちせよ

●プロレスラー棚橋弘至氏(新日本プロレス)……’76年生まれ。新日本プロレス所属。立命館大学法学部卒業後、’99年にデビュー。昨今のプロレスブームの立役者として、リング内外で幅広く活躍 「今は試合もイベントも完全に自粛状態。外に出るのは道場と、犬の散歩に行くときくらい。道場は各自が時間をずらして“密”な状態を完全に避けています」  そう語るのは新日本プロレス所属のプロレスラー・棚橋弘至選手。自他ともに認める「生まれてから一度も疲れたことがない男」である彼だが、最近はコロナの影響でちょっとしたストレスが生じているとか。 「新日本は年間約150試合あるので、1年の半分は家にいない。ところが今年は3月からほとんど家にいるので、家庭内に少しずつ不協和音が響き始めています……(笑)」  そんな“コロナ疲れ”に負けない棚橋流の闘い方とは? 「まずは体を動かすこと。全身運動であるヒンズースクワットを、一日の決めた時間にやる。これだけで体の血流量が上がり気分も明るくなります」  体を動かす以外のメンタルケアも重要だという。 「何も考えずにぼーっと打ち込めるものを見つけることです。今の僕はアニメですね(笑)。“ジョジョ”と“進撃の巨人”をひたすら見てます。あとは情報の取捨選択も大事。コロナに対する最低限の情報だけ得て、あとはシャットダウンする。一日中、ニュースに体をさらさないのが重要だと思います」
[コロナ疲れ・鬱]解消法

司法試験の勉強のほか、英語の学習も

 ネガティブな表現や情報に振り回されず、信念を貫いてきた棚橋選手ならではのストレスのはじき方といえそうだ。 「あとはこの自粛期間を前向きに捉えること。今は自分をグレードアップできる期間。僕は法学部出身なのでこれを機に司法試験の勉強をしようかな。使い終わった六法全書は凶器攻撃にも使えますし(笑)」 また、海外でのマイクアピールに備えて、英語の学習にも励んでいるという。
次のページ
サウナ文化存続の危機!
1
2
3
SPA!グラビアン魂オムデジタル写真集 棚橋弘至

みうら&リリーともに、納得の肉体美を余すとこ無く完全公開!!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事