カーライフ

トヨタ・ハイブリッドはソニー・ベータになる? ハイブリッドカーの未来

 写真は、ヤリスとヤリスクロスの兄弟車。クルマに興味がない人からすれば、同じクルマの色違いに見えるかもしれませんね! どちらもガソリンだけじゃなく、ハイブリッドも選べるトヨタの世界戦略車です。しかし現在、世界の潮流はEV(電気自動車)一直線! トヨタがあまりにも独走してしまった結果、ハイブリッドカーの未来が危ぶまれています。
オートクラブ

ヤリス(右)とヤリスクロス(左)

永福ランプ(清水草一)=文 Text by Shimizu Souichi 池之平昌信(流し撮り職人)=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

世界に誇るトヨタのハイブリッドカーは、ソニー・ベータの二の舞いになるのか?

 このところ、日本初の革新技術商品は、出足は派手だが尻すぼみが続いている。液晶は死に体、パソコンは降参、iモードは絶滅。ウォークマンもゲームもスマホに吸収された。涙が出ます。  自動車業界も同様で、ハイブリッド車もEV(電気自動車)も燃料電池車もすべて日本発なのに、EVはテスラに大逆転され、燃料電池車はサッパリ。ハイブリッド車も、一時北米ではかなり売れたが、現在は日本のガラパゴス商品に逆戻り中だ。米欧中ともハイブリッドは「つなぎの技術」と切り捨てて、その先のEV化を目指して全力疾走している。
オートクラブ

見た目が、ちょっとウルトラマンのような宇宙人系のヤリスクロスはガソリンモデルが179万8000円~、ハイブリッドモデルが228万4000円~。ガソリンモデルはリッター20.2㎞、ハイブリッドモデルはリッター30.8㎞を達成(いずれもWLTCモード)。2WDも4WDも選べます

 多くの日本人はハイブリッド車に大満足し、EV化が世界の潮流なんて言われても実感ゼロだが、なぜ世界の大勢はEVへ向かおうとしているのか?  わかりやすく言えば、ハイブリッドに関しては、世界中見渡してもトヨタに誰もかなわないから……ではないか。追っかけても手も足も出ない。だからルールを変え、「ハイブリッドはエコカーじゃない」ってことにしてしまったのだ!  いや、本気で頑張れば、欧米もトヨタにかなり追いつけたとは思いますよ。実際、ホンダや日産は必死に食らいついて、いいところまで迫った。

トヨタは世界の離れ小島に…

 でもそれは「日本市場ではハイブリッドがマスト」だったからで、日本市場の重みが耳クソ程度でしかない欧米メーカーにしてみれば、あえてハイブリッドで頑張るよりゲームチェンジしたほうが簡単だった。トヨタはあまりにもリードしたがゆえに、世界の離れ小島になってしまった……。  トヨタも危機感を抱いたのか、昨年4月、ハイブリッドの特許を無償公開したが、いまさらそれを使ってハイブリッド車を開発しようというメーカーはないだろう。トヨタの技術でトヨタもどきを作ったって、トヨタに勝てっこないんだから!  マツダは7年前、プリウスのハイブリッドシステムの供与を受け、アクセラに搭載して発売したが、案に相違してサッパリ売れなかった。足回りなどはプリウスよりアクセラのほうが断然よかったんだけど、やっぱりみんな、ハイブリッドなら本家のプリウスを買うんですね……。そういうもんだよね!
次のページ
進化を続けるトヨタハイブリッドシステムはEVよりエコ!
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事