ライフ

東大生が囲碁将棋を真剣に学ぶ深いワケ「たかがゲーム」とは侮れない

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

根強い人気を誇る囲碁と将棋

将棋 みなさんはゲームは好きですか? ビデオゲームはもちろん、カードゲームやテーブルゲームなど、最近は手軽に遊べるゲームの種類がさらに増えてきましたよね。  たとえば、パーティゲームの「人狼」はここ数年で一気に知名度を上げてきましたし、ビデオゲームに目を向ければ、11月12日に発売になったPS5が世界的に売れています。また、電車の中では年代を問わず、スマホでゲームをしている人が増えているように感じます。  でも、今回の記事で紹介するゲームは「ドラクエ」や「FF」などのいわゆるテレビゲームではありません。トピックは古くから親しまれているテーブルゲーム、囲碁将棋についてです。  みなさんは囲碁や将棋を遊んだことはありますか? 昔ながらのゲームではありますが、それぞれをテーマにした漫画が人気を集めたこともあり、今なお広い層に親しまれていますよね。しかし、実際にコマを動かして遊んだことがあるという人は、意外と少ないのではないでしょうか? やってみると、どちらとも非常に奥が深く、面白いゲームとなっています。

東大に囲碁と将棋の授業がある理由

 運の介入する要素がなく、完全に互いの力量差だけで決着がつくという意味では「ゲームの究極系」といっても差し支えないかもしれません。  僕ら東大生の間でも囲碁や将棋は大変人気です! 趣味として囲碁や将棋のアプリを入れている学生はたくさんいますし、同好会だってもちろんあります。  さらには単位が出る授業として「囲碁や将棋を実際に打ちながら学ぶ」という講座さえもあります! この授業は囲碁や将棋の初心者向けに「囲碁で養う考える力」「将棋で磨く知性と感性」という講座名で開講されており、囲碁将棋の未経験者であれば、誰でも受けることができます。  それでは、いったいなぜ東大生は授業として囲碁や将棋を学ぶのでしょうか?  「囲碁や将棋には洞察力や戦略性などの思考力を鍛える効果がある」といった特徴はよく挙げられている気がします。実際、授業案内にもそのような力を伸ばすためと書いてあります。でも、僕はそれ以外にも理由があると思います。それは「コミュニケーション力」の向上です。
次のページ
「東大のくせに仕事はできないんだな」に深く傷つく
1
2
3
4
東大式節約勉強法~世帯年収300万円台で東大に合格できた理由~

目標達成のための最短ルート、最小コストの具体的な方法が満載!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事