ライフ

ひろゆき「お金持ちになりたいと願う子ども」へのたったひとつのアドバイス

「お金持ちになりたい」と純粋無垢に子どもに言われたら、どうしたらいいか。著書『僕が親ならこう育てるね』で独自の子育て&教育論を展開し、親ができること/できないことの境界を理論的に解説するひろゆき氏は、どう答えるのか。まず「そもそも日本でお金持ちになるのは至難の業」と語る。その真意とは?

財布の中にあるお金が多ければ「お金持ち」

ひろゆき

ひろゆき

――今の日本の子どもがお金持ちになるが難しいとはどういうことですか? ひろゆき:日本は少子高齢化なうえに毎年のように人口が減少し続けています。加えて、日本は生産性が低くて実質経済成長率も1%に達していない国です。  OECDの調査データを見ると、日本の平均賃金はこの20年で0.4%しか上がってなく(編集部注※2000年時点で3万8364ドル、2020年時点で3万8514ドル)、トップのアメリカの平均賃金6万9391ドルと比べると、大きな差をつけられています。  この数字を見ても、企業に就職して毎年昇給したとしてもたくさん稼ぐことが難しいのが現実なのがわかります。  もちろんごく一部の優秀な人は昇給したり、自ら起業して成功したりすることもあるでしょう。  しかし、不景気の昨今に起業して成功する確率はだいぶ低く、とあるデータによれば、ベンチャー企業の生存率は創業5年後で15%。10年後だと6.3%で、20年後には0.3%しか残っていないそうです。

希少な成功例を参考にしてはいけない

――最近は「YouTuberになりたい」なんて子どももいます。 ひろゆき:YouTuberだけでなく、スポーツ選手とかもそうですが、そうした存在は極めて稀です。  例えば、サッカー選手の場合、日本で年に一回でもサッカーをプレーする人は、直近10年平均で450万人ほどいるそうです。  でも、日本で年収460万円以上が確定しているA契約のサッカー選手は、J1だと1チーム上限25人までの決まりがあります。現在のJ1のチーム数が20なので、500人くらいしかいないということになり、サッカーで食べていける人は稀有な存在ということになります。  どうしても著名人やスポーツ選手、起業家というのはメディアが取りあげるので目立つわけですが、その少数の成功例が自分にも当てはまると思い込むのは、騙されやすい人の考え方です。  子どもが大人になって騙されやすい状態になるのは親としては怖いですから、「そんなことをしてもお金持ちになれるのはごく少数だよ」という現実は教えておいたほうがいいと思うのです。
次のページ
「お金持ちになりたい」と子どもに言われたら…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事