ライフ

ユニクロを超える“傑作”激安スニーカーをGUで発見

 メンズファッションバイヤー&ファッションブロガーのMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログやメルマガで「オシャレのルール」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第30回目をよろしくお願いします。 ▼実はユニクロが展開するスニーカーはほかにもあった!
メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理屈があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 海に山に、キャンプに祭りに何かと活動的になる夏。足元も機能的なサンダルやスニーカーが便利です。当連載でも最近スニーカーやサンダルの話が多いですが、今回もこりずにスニーカーの話。というのも、ビックリ価格で大人のスニーカーを見つけてしまったからです。  先日ユニクロが4年ぶりにスニーカーを発表しました。昨年あたりから空前のスニーカーブームを受けて、ナイキやアディダスなどは軒並み業績好調で、それに続けとばかりにユニクロがスニーカー事業を4年ぶりに復活させたのでした。「紐あり」「紐なし」タイプの二種類に絞って展開。売上は好調のようですが……詳細はこちらの記事「徹底比較[ユニクロ VS 無印良品]スニーカー、履くならこっち!」で報告したとおりです。実はユニクロを運営するファーストリティリングは、ユニクロだけでなく他事業態でもスニーカーを展開していたのです。それが「GU」。カジュアル市場を狙い撃ちしたGUが、「ユニクロ4年ぶりにスニーカー2型発売!」なんてニュースの陰で、こっそりスニーカーを展開していたのです。  そもそもユニクロは一般的な「ファストファッション」とは似て非なる業態です。H&MやZARAなど一般的な「ファストファッション」は読んで字のごとく、「トレンドに沿ったものをすぐにつくって届ける」というのが本分。企画段階から売り場に商品が届くまでわずか数週間という驚異的なスピードで生産を行う、まさに「ファスト」です。ところがユニクロはよいものを長く販売するスタイル。企画から生産まで長い期間をかけてつくり、老若男女に長く愛される定番品をつくることを旨としています。「フリース」や「ジーンズ」など、そういった意味でユニクロは「スロー」ファッションなのです。  ところがGUは違います。これぞユニクロのファストファッション業態と言えるもので、「低価格で短いサイクルでトレンドに沿ったものをリリースする」というH&MやZARA同様の戦略を行っています。それだけにユニクロよりも質の悪さは目立つものの、流行に乗った「パッと見でかっこいい」ものがチラホラあったりもします。  今期のGUはレディース市場で存在感を見せています。この春のトレンドアイテム「ガウチョパンツ」ブームに乗ってGUも超低価格で展開し、空前のヒットを飛ばしているのです。アイテム毎で見ると過去最高の売上とか……。レディースファッションのお話は「女子SPA!」で行っていますので、そちらもぜひお読みください。 ▼粗悪どころか本家ユニクロを上回る出来ばえ  で、スニーカーに戻ります。どんな粗悪なものかと思ったら……こんな素晴らしいメッシュスリッポンシューズがあるじゃないですか。 メッシュスリッポンシューズ01メッシュスリッポンシューズ02「ユニクロ」でリリースしているスリッポンスニーカーとよく似たデザイン。ユニクロ、無印良品のスリッポンと比較して大きく異なるのがメッシュのデザインです。蒸れやすい夏シーズンに向けてアッパーをメッシュ加工したものを使っています。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=878558 メッシュスリッポンシューズ03 このメッシュ「透けるのかな?」と思ったのですが、そこまで気になりません。通気性もよく、案外透け感も気にならない。機能面で言えばなかなかよくできたスニーカーです。このメッシュデザインは今年のトレンドでもあります。スペイン発祥の「リビエラ」というブランドが有名。パリの世界的なセレクトショップ「コレット」や日本にもある「バーニーズニューヨーク」などでも取り扱われ、飛ぶように売れているのがこの「メッシュスリッポン」です。夏らしいカジュアルな雰囲気があるものの、革靴のような細い形が「スラックスなどにも合う」と30代以上の大人男子に大変好評なのです。  で、このGUのスリッポン、そんな「リビエラ」などを意識しているのか、形はかなり細め。ユニクロや無印のスニーカーと比較してみましょう。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=878559
スニーカー04

ユニクロ(上)、GU(中)、無印良品(下)

 ユニクロ(上)が一番ドカッと太い形。やや子供っぽい印象を受けます。無印(下)はそれに比べ細めの形ですが、GU(中)はそれよりも更に細く大人っぽい雰囲気です。革靴は細く、スニーカーはボリュームがあるのが普通です。そのため大人になって普通のスニーカーを履くと、どうも「とっちゃん坊や」なイメージが拭えず、「もうスニーカーを履く歳でもないか」と諦めがちなのですが、そんな人にこそこのスニーカーはオススメです。シャープな形は革靴そのもので、またソール以外の色を黒で統一しているあたりも大人びた雰囲気を感じさせてくれます。スラックスや細身のパンツなど落ち着いた30代以上のメンズファッションに違和感なく馴染むスニーカーとして活躍するでしょう。 ▼これで1290円(+税)は驚異的!  ちなみにソールもメッシュ風のパターンにしていたり意外と芸が細かい(笑)。簡素なつくりなのではき心地は決して褒められたものではありませんが、夏のサンダル代わりと思えば十分でしょう。何よりこれで1290円(+税)という金額は驚異的。まだ今年の夏、サンダルもスニーカーも買ってないならぜひこれを。ちょっと異常な出来栄えです。本家ユニクロのスニーカー展開に隠れてあまり目立たない存在ですが、ユニクロを圧倒する出来栄えと価格。迷ったらコレです。 ⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=878560 メッシュスリッポンシューズ05 私のメールマガジン「最も早くおしゃれになる方法&コーディネート診断」では「ファストファッション・マストバイ」と題して、ユニクロや無印良品などのマストバイアイテムや着こなし方法などを細かく語っています。興味ある方はそちらもご登録ください。 <文/MB>
MB
ファッションバイヤー。最新刊『最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>』『最速でおしゃれに見せる方法』『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』ほか関連書籍が累計100万部を突破。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」、ユーチューブ「MBチャンネル」も話題に。年間の被服費は1000万円超!

最速でおしゃれに見せる方法 <実践編>

ユニクロやGUでもおしゃれな人は何が違うのか?

試し読みはこちら
幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ!https://cakes.mu/posts/19687


最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事