池袋で発見! 女のコのお部屋に遊びに行く感覚でお酒が飲める店

 僕がおじさんになった証拠でしょうか。年齢を重ねるごとに、新たな感動を見つけることは難しくなった。一方で、忘れかけていた気持ちと再会した時に、感慨深くなることが増えた。それは、普段の夜遊びにおいても例外ではない——。前澤社長の1億円お年玉企画に応募するもかすりもせず、ちょっと情緒的な気分のマエザワです。

 先日、なにげなくネットサーフィンしていると、「女のコのお部屋」をコンセプトにしている店を発見。ふと、胸に去来するのは彼女のお部屋を訪れた高校時代の記憶。最初はお互いに緊張していたが、次第に会話も打ち解けて仲が深まっていく。それが非常に楽しかったのである。嗚呼、あの頃の感動よ、もう一度カムバック!

青春時代の思い出がよみがえってくる


 キャバクラやガールズバーなど、夜遊び激戦区の池袋。今回、訪れたのは「美少女酒場パジャマ姫」。ピンクを基調にした店内には、多数のぬいぐるみが置かれており、いかにも女のコのお部屋っぽい。そして、特筆すべきは店名からもお察しのとおり、キャストがみなカワイらしいパジャマ姿なのであ~る!

看板娘

看板娘のはるさん(左)とみほさん(右)。同店の衣装はプライベート感たっぷりのパジャマで、こちらもリラックスして楽しめる

「女のコのパジャマやネグリジェは自前です」(みほさん)

 それぞれが自分なりに着こなしているらしく、その日によって替わるということだ。

「私は普段、コスプレイヤーをやっていますが、清楚系からギャル系までいろんな女のコが在籍していますよ」(はるさん)

 さまざまなタイプのキャストが室内を行き来しているが、同店は“キャバクラ”として営業許可をとっているため、女のコをリクエストして同席してもらうことも可能だという。

アベックストロー

リクエストすれば、女のコに同席してもらうことが可能。ひとつのドリンクを一緒に飲むアベックストロー(1000円)もアリ

「ウチは楽しいオプションがたくさんあるので、好みで選んでくださいね」(みほさん)

 メニューに目をやると、チェキ撮影やハンドリフレなど、メイド店さながらのオプションも用意されており、なかでも気になったのは“ツンデレ対応”だ。果たして、なにをしてくれるのか?

「たまに、ビンタしてくださいっていうドMなお客さんもいますね(笑)」(はるさん)

ゲームやハンドリフレなどオプションで楽しみが広がる


 店内にはカラオケが設置されており、無料で歌うことができるのもうれしいポイント。また、ジェンガなどのゲームもあるらしい。そこで、10年以上ぶりにプレイしてみることにしたのだが、童心に帰って大盛り上がり。ワイワイ、キャピキャピ……。

 だが、楽しい時間はあっという間に過ぎるものだ。そろそろ帰らねば。最後に“お帰りハグ”をお願いすると、「また来てね」と言いながら、少し照れくさそうに僕の背中に手を回すみほさん。ムギュ。あ、この感じ、なんだか懐かしい。高校時代は彼女の家から帰るのが嫌になり、その後30分ぐらい抱き合っていたっけ……。

ハンドリフレ

各種オプションが用意されており、ゲームやカラオケは無料。ハンドリフレ(1000円)を頼めば、女のコと直接手が触れ合える(笑)

 こうして後ろ髪を引かれつつ、再訪を誓うマエザワでした。

【美少女酒場 パジャマ姫】
住:東京都豊島区東池袋1-15-8フジプラザビル3F
電:070-1585-8080
営:19:00~LAST
料:1セット60分3000円(飲み放題・カラオケ歌い放題)、チャーハン800円、エビピラフ800円、スタッフドリンク1000円~ ※税サ別
http://g-sakaba.com/

撮影/長谷英史

マエザワ エロ本出版社出身、元ギャル男雑誌編集者。無類の外国人好き。趣味は「夜の国際交流」
マエザワの他の記事