街で見かける怪しい求人「リッチな女性の日常サポート」に連絡してみたらこうなった

 街角でよく見る「男性募集!リッチ女性の日常サポート」という怪しいポスター。食事や旅行の同伴や、生活全般の雑用などが仕事らしく、年齢は18~70歳まで応募可能。週に2~3時間でもOKで、ダブルワークも可能と書いてある。

「リッチな女性の日常サポート」の張り紙に連絡してみた

送られてきた女性の写真は全員目線入り。「バイト」と言いつつ有料で交際を頼むというシステムは疑問が……

 あまりにオイシイ話すぎて怪しいが、電話をしてみた。そこで説明された内容は以下のようなもの。

「仕事はセレブの女性とのデートで、終了後に女性から2~3万円の報酬が渡されます。気に入られると10万円くらいまで上がりますよ。20~60代のお好みの女性を紹介しますので、あなたの趣味や容姿の好みを教えてください」

 やっぱりオイシすぎる……と思いながら、「若くてカワイイ系がタイプですかねぇ」などと悠長に話していると、「初回は3万2000円が必要なんですけど~」とさらりと不穏な情報が。「聞いてねぇぞ!」と思いつつその後の流れを確認。

「こちらから案内状と女性3人のプロフィールを郵送するので、住所を教えて下さい。料金は書類到着時に代引きで支払いになります」

 一気に胡散臭くなってきたが、もう乗りかけた船。支払う決意をして住所を伝えて電話を切った。

 そして書類が到着。中を開けると「交際成立で20万円プレゼント」と書かれたチラシ等とともに、3人の女性のプロフィールが。みな年収1000万超えの美人だ! が、よく見ると別の用紙に「女性への交際の申し込みには2万円の代行手数料が必要です」と書いてある。またこっちが払うのかよ!

 怒りに任せて「また2万も必要なんて聞いてない!」と電話をすると「だから今ご説明してるんです!」と業者もキレ気味。「もう消費者センターに行きます!」と電話を切り、「コレ詐欺じゃないですか?」と相談してみたが……。

「バイトのはずが、有料で交際を申し込む話になったのは確かに変です。警察に相談されるといいと思います。ただ、警察がどう判断するかはわかりませんし、このやりとりを愛人契約と捉えられた場合、あなたも公序良俗違反となる可能性もありますが……」

 警察に行けば金を取り返せるかもしれないし、業者にカネを払えば本当に出会えて稼げる可能性もあるが、どちらも超面倒かつハイリスク。やはりまあそうそううまい話はないのである。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!12/22号(12/15発売)

表紙の人/ 電気グルーヴ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中