雑学

就活シーズンに暗躍する「絶対に就職できる」セミナーの正体とは?

 東京・千代田区の某ホール前には、紙袋や資料を手にした真新しいスーツ姿の男女がたむろしていた。この日、ホールで開かれていたのは大手就職サイトが主催する就活セミナー。よく見るとたむろする若者たちの間を、ボロボロの革靴にくたびれたスーツ姿の男性が行ったり来たり。セミナーに参加した大学生に片っ端から声をかけているようだ。男の話を聞いたという女子大生を直撃してみた。

「就職活動にはコツがあると。コツを学べる“就活塾”に入塾してみないか、と誘われました」

雑踏

就活塾で“絶対に就職できる”裏側の闇とは…


 女性が男からもらったというチラシには「絶対に就職できる!」「面接官を虜にする必勝テク」などといった文言が書かれている。会場にいた別の男子大学生A君は以前、別の就職セミナー会場でも件の男たちの姿を目撃し、さらにその塾へも一度行った経験があった。A君が声を潜めて言う。

「就活突破のために、面接方法や精神論を学べる“就活塾”といって学生を集めているようですが、限りなく詐欺に近いです。一度声をかけられて、その後一日に何回も電話がかかってくるようになり、しつこく入塾を勧められた。根負けして説明会に行くと、いきなり罵倒されて……」

 就活塾の入るビルの一室を訪ねたA君は、小さなブースに案内され、正面には面接官を名乗る中年男性が座っていた。就活が上手くいっていないことを相談すると「あなたは精神が薄弱すぎる」「そんなんじゃ社会に出ても野垂れ死ぬ」とか、散々こき下ろされた上で、計20万円近い講座の受講を強く勧められたという。就活を成功させたいと強く願っていたA君だが、大学生にとっては安くない20万円という金額を呈示され、体が硬直した。すると畳み掛けるように、面接官が凄んできたのだという。

「オメェはよ、こんな大切なことも一人で決められねぇのかよ。ホームレスになりたきゃ勝手にしろ、クズはどこまでいってもクズだ」

 驚きと怒りで頭が真っ白になったA君は、慌てて就活塾を飛び出したが、その後電話には、面接官から100回近い着信があり、留守電にも数十件のメッセージが残されていた

「君のためを思うがあまり言葉が乱暴になったと……。冗談じゃありません。事情を知った親が就活塾にクレームをいうと、電話は一切なくなりました。本当にひどい人たちです」

次のページ 
実態はブラック企業への人材斡旋

1
2




おすすめ記事