ネット騒然“Pカップ声優”の星間美佳 「孤独のグルメ」でひきこもり解消

 1月1日、ひとりの女性がネットを騒がせた。『笑神様は真夜中に…』に出演し、グラビアアイドルの今野杏南らと“おっぱいBIG4”を結成した“Pカップ声優”の星間美佳。年末には『マツコ会議』(ともに日本テレビ系)でマツコ・デラックスを仰天させ、正月は共演者のケンドーコバヤシと宮川大輔を驚かせた。日頃アルバイトをしながらタレントや声優として活躍する“規格外”の彼女だが、どうやら「孤独のグルメが好きらしい」との噂を聞きつけ、その素顔に迫った――。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1028165

星間美佳

年末年始のテレビ出演でネット騒然“Pカップ声優”の星間美佳がリムジンに初乗車(協力/パセラ)

 今回は彼女の職場の門前仲町「卯月」で撮影し、続いてパセラリゾーツ提供の「リムジン女子会」協力のもと、お台場のイルミネーションをめぐることに。

――今回、撮影でリムジンに乗った感想は?

星間:初めて乗ったので高まりました! セレブみたいな気持ちになりました。2016年、セレブでスタートできましたね。

――年末年始はテレビに出演されるたび、Twitterのトレンドには「Pカップ」が入るほど世間で話題になっています。

星間:お正月の『笑神様は真夜中に…』では、最初にケンコバさんと宮川大輔さんに挨拶へ行こうとしたら、ディレクターさんに「ファーストインパクトで驚かせたいから挨拶には行かないで」って言われたんです。収録が始まったときに会ったら「それ本物!?」ってすごい言われました。もちろん、本物です(笑)。

――噂によると、小学3年生の頃にはすでに“Fカップ”あったとか。

星間:そうなんです。小学1年生のときにはお母さんとお姉ちゃんよりも大きくて、当時はずっとカップ数を測ることもなくスポーツブラで過ごしてたんです。そしたらすっごい汗疹ができて、かゆくなっちゃって……どうしようもないからブラジャーを作りに行ったらFカップ、それが小学3年生ですね。

 今でもたまに調子がいいときは“Pカップ”のブラジャーでもキツいんですよ。上京したての頃はややぽっちゃりで、そのときはJカップくらいだったんですけど、まかないが美味しくて、肉がつくにつれて全体的に大きくなって……(笑)。

――やっぱり得したこと、損したことってありますか?

星間:得したことは、胸の上にものを置けるんですよ! 本とか携帯とか、洗濯物をたたむときには胸の上に置いてやるので一回一回しゃがまなくていいんです。肩はぜんぜん凝らないんですよ。たぶん肩凝りを超えたんだと思います。

 損してるのは、おっぱいにやけどしたり、怪我したりすることが多いこと。階段で転ぶと手をついてもおっぱいも当たるから痣ができちゃったりとか、とにかく階段が見えないんで、見るときは前かがみになって潰しながら歩いたりとか、足下はぜんぜん見えないので、靴紐がほどけていてもわからないんです……。

星間美佳

和装の写真は彼女の希望により、バイト先である門前仲町の「卯月」にて撮影された

――声優やナレーションなど、声のお仕事を中心に活動されているんですね。

星間:今はバイトを3つ掛け持ちして、あとちょっとメイドカフェもやって、新宿二丁目で月に1回「おベガス!」というショーパブと12年間ラジオのレギュラーをしています。アニメは好きで観てるんですけど、「こどぐる」(※『孤独のグルメ』)ほどハマらなくて。何も考えないで、ただ純粋に自分の欲だけで観たいのは「こどぐる」で、実際にお店もあるから聖地巡礼だってできるし最高ですね。

※「おベガス!」の次回開催は1月15日(金)20時~とのこと

――それでは最後に、『孤独のグルメ』への熱い思いを聞かせてください。

星間:お正月の旭川出張編は『笑神様』と丸かぶりで、やっぱり『笑神様』はリアルタイムで観たかったしどうしたらいいかわからなくて、ファンの方にお願いして両方録画してもらいました(笑)。わたしは『孤独のグルメ』のためにほぼ生きてるところがあって、最終回になったらいつも葬式みたいになっちゃうんです。暇な時間はずっと録画とDVDを観て、五郎さんのエネルギーをチャージ!

 金曜日に1回放送したら、次の週までに何周も観るんですよ。リアルタイムで観て、そのあと暇さえあれば録画を観て次の週に備えるんです。聖地巡礼は、放送されてすぐに行くと混んでるので、1か月くらい間を空けて平日の昼にしています。20軒以上は行きましたね。今までずっとひきこもりだったんですけど、五郎さんのおかげでいろんなお店が知れたし、外出するようになりました。

 五郎さんと同じ席が空いてると絶対に座って、同じものを注文するんです。そしたらその店で「わたしも好きで来たんですよ」っていう友達ができました!

星間美佳 いつかファンの人たちと「こどぐる聖地巡礼ツアー」をやりたい! もちろん五郎さんが座った席にはわたしが座りますけど(笑)。五郎さんスペシャルがお店によってはあって、五郎さんが食べた料理をそのままセットにしてくれているんです。五郎さんはけっこう食べるので、友達と行ったときはシェアできるんですけど、一人で行くと五郎さんスペシャルはなかなか食べきれなくて……。

――今までの聖地巡礼で印象的だったお店は?

 渋谷の「シャンウェイ」というお店は、鶏が骨まで食べられるということで行ってみたら「はっ、いける!」って本当に骨まで食べられました! 木場の「カマルプール」では五郎さんがラムミントカレーを食べてたんですけど、その前にナンの中にチーズが入ってるクルチャを食べてたんです。そのクルチャがすごい美味しくて、それだけでも食べに行きたいなと思うくらい素敵なお店でした。

 わたしも『孤独のグルメ』で五郎さんに行ってほしい中野の美味しいもつ煮屋さんを知ってるんですけど、席数も少ないし紹介したら絶対に混んで自分が行けなくなるから紹介できなくて……五郎さんには絶対に食べてほしいです!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1028152

※協力/パセラリゾーツの「リムジン女子会」
http://www.pasela.co.jp/event/jyoshikai/platinum/index.html

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平(24dakun) 撮影協力/卯月>

孤独のグルメ2

シリーズ累計130万部のグルメ漫画

孤独のグルメ 巡礼ガイド2

ドラマで登場する店の聖地巡礼ガイド

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中