鹿の解体はショー足り得るのか?【鹿の解体×音楽イベント1万字ルポ】

コムアイ

今回、音楽イベントで「鹿の解体」を企画した「水曜日のカンパネラ」の「歌唱と主演」担当コムアイ氏

「水曜日のカンパネラ」という音楽ユニットが11月4日、渋谷のライブハウス「WWW」で主催した音楽イベントで「鹿の解体」を行った。

 都会に生活していると、まず見ることのない「鹿の解体」という作業。普段、肉を口にしてはいるが、その肉がどのようにして処理され、食卓に並ぶのかということを実感する機会は少ない。ましてや鹿となると、そもそも口にする機会も少ない。

 今回のイベントを企画したコムアイ氏は21歳の女性。高校時代に農業への興味から就農体験をしたときに、養鶏所や養豚所の世話もすることに。自ら世話をした豚を食肉処理場へ送り出す経験をしてから「動物を殺し、肉にする」という行為の意味への関心が向いた。「解体ワークショップ」というイベントにも参加して実際に鹿などを解体する作業を経験。「都会で生活している人、普段から狩猟や解体などの行為への意識が高い人ではなく、ごく普通に音楽を聴きにくるような人たちに解体を見せて、その意味を感じてほしい」とこのイベントを発案した。(参考記事→http://nikkan-spa.jp/528277)

 だが、「解体ワークショップ」であれば、参加者も実際に解体に参加し、その肉を食べることもできるらしいが、今回は「ショー」という形式になる。衛生面への配慮などから、その場で解体した肉を観客にふるまえない、という判断からだが、そうなると本人の意志は強くとも、「娯楽として解体を見せている」という批判が出ることは避けられない。では、「マグロの解体ショー」はいいのか、とも悩んでしまうし、そもそもが動物愛護の考えを持っている人たちからすればどちらも許しがたい行為に思われてしまうのかもしれない。

 イベントの2週間ほど前、コムアイ氏に「動物愛護の考えを持っている人からはバッシングを受けるのでは?」と聞くと、次のような答えが返ってきた。

「一切、動物の肉を食べずに、動物実験をしている化粧品やシャンプーなども使わないで、山奥で木の実だけ拾って暮らしているような人ならば、『その通りだな』とお話を聞きたいです。でも、都会で暮らしている人には言われたくない。都会に生活している以上、食べること以外にも動物の犠牲の上で生活しているから。森や林を切り開いたり、電気だって発電所のためにダムをつくったりして、動物の居場所を奪っているんですから」

 続けて、なぜ自分が獣の解体をするのかについて語り出した。

「実感したいんですよ。命が亡くなるというのは衝撃的なこと。『生きている動物が死ぬ』ということと、『その肉を食べる』という行為が普通に生活していると結びつかない。実感できない。自分でその『痛みみたいなもの』も感じたほうが……だから、苦しみに解体の現場に来ているのかもしれないですね。かわいそうと思うのはこっちも苦しいし、血を見たくてやっているわけではない。獣が殺される現場を見るときは、みんな静かになるんですよ。ズーンと来る。一方、それと同時に、解体を通じて新鮮なおいしい獣の肉をその場で食べるという醍醐味もある」

 現在、野生の鹿は増えすぎて「駆除」の対象になっている。朝日新聞の記事を引用すると「野生のニホンジカは独自集計している北海道を除き、11年度に261万頭。1989年の29万6千頭から、20年余りで約9倍に増えた計算だ」とのことで、農作物に甚大な被害を及ぼしているのだ。鹿によるものだけでも11年度で83億円の被害金額に上るとのことで、被害に悩む国や自治体は鹿の駆除と、食用利用を推進している。これは歴然とした事実だ。

 山をネットで囲み、日々、鹿や猪などからの農作物被害と闘っている農家の方々の苦労にも思いを馳せつつ、一方で、「人間の都合で勝手に害獣扱いして殺してしまうなんてかわいそうじゃないか」とも思う。でも、狩猟というのは太古から行われてきた人間の営為なわけで……と、おそらくこのテーマと現場などで向き合っている人からすれば、極めて初歩的な段階でぐるぐると思考が堂々巡りをはじめてしまう。

 今回のイベントでは「決してグロテスクなものを見せたいわけじゃない」と何度も語るコムアイ氏の意志は固い。ならば、そのすべてを見届けようと、イベント当日の一日に密着することにした。 <取材・文/織田曜一郎(本誌) 撮影/難波雄史>

※【ルポ2】「渋谷スペイン坂の通行人を驚かした鹿」(http://nikkan-spa.jp/535271)からは鹿の死体の写真を掲載します。ご了承の上、お進みください。

― 鹿の解体×音楽イベント1万字ルポ【1】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中