「食べログ3.0以下の店」を覆面調査してみた

「3.50点以上(上位3.63%)は高い確率で満足できる」と食べログは主張するが、ならば低評価な店はどうなのか? 食べログでは評価されなくとも実はうまい店をリサーチする

<店名出しNG!の食べログ3.0以下のうまい店を覆面調査!>

 レビュアーが引き起こす風評被害。その多くは、たまたま入った店でお門違いの酷評をするという、“通り魔的”な蛮行が原因だ。

◆影響力の強いレビュアーの気まぐれで

C庵

老舗「C庵」の天ぷら蕎麦。中心価格は、700円くらいで味も量も十分満足できる

 例えば、私鉄と地下鉄が乗り入れる、とある都心の駅前に「C庵」という昔ながらの蕎麦屋がある。気軽に入れる家族経営の店で、安くてうまくて盛りがいいと近所のサラリーマンに人気だ。だが、時折店舗の前でスマホをイジっては立ち去る客の姿が……。

 この店の点数は2.99。影響力のあるレビュアーが、数年前の来店時に「おいしくもなんともない」と1.0をつけたからだ。実はこのレビュアー、その物言いが規約に抵触するとして食べログの運営からたびたび修正を依頼されていたようで、「検閲がめんどくさすぎるので、引っ越しします」と書き残して、約5年も書き込んでいない。それでも、200店以上の「レビュー」を書いているから点数には影響するということか?

◆コスパを正当に評価できないレビュアーも

天ぷら屋「T」

天ぷら屋「T」の天ぷら御膳。新鮮な油で丁寧に揚げられた衣はサクサクだった

 こうした「場違い」感のある客に低評価を受ける店舗はほかにも。

 都心の百貨店の最上階に出店する天ぷら屋「T」には2.8点台という厳しい点数がついている。百貨店という好立地に出店する店舗の客単価は高い。高級店が集う最上階となるとなおさらだ。「T」の「天ぷら御膳」は海老が2本盛り合わされて2520円。3000円台の「上」には穴子の一本揚げも追加される。天ぷら屋としては特段高いわけではない。

 だが、長く続いたデフレの影響か、この店のレビューには、「高い」という書き込みが並ぶ。なかには「生臭くて食べられないと言ったら値引きなど対応してくれた」という書き込みも。あげく、返金させておきながら「おいしくない」と書き込む……。実際に店舗で注文したところ、出てきた穴子は生臭さなど無縁の仕上がり! ほとんど言いがかりだ。和服の仲居さんは食べ終わりを見計らい、卓上に漆塗りの爪楊枝入れを差し出し、会計後に店を出るときには、のれんを手ですっと支えて上げてくれた。

◆「安いのがかえって場にそぐわない」で低評価

 次に訪れたのが、食べログ評価2.89を叩き出された神楽坂の路地裏にある隠れ家風のオシャレなバー「A」。ノーチャージで、ドリンク・フードともに400~1000円前後と神楽坂にしては破格。が、これが裏目に出て「格が低い」と低評価に繋がっているようだ。フードメニューは「馬刺し」「熊本ラーメン」などノンジャンル。雰囲気はオシャレでも庶民的なバー、悪くないのでは?

◆普段使いの店にお門違いな要求

 一方、こちらは庶民的な新宿・思い出横丁にある焼き鳥屋「H」。評価は2.96で、「つまみを2品頼まなければいけない」というのが理由のひとつのようだが、いやいや、さすがに2品くらいは頼むでしょ! さっそく自慢の「モツ煮込み」(450円)を頂く。皿は小さいながらも、盛りに盛ってくれたので食べごたえ十分。

イタリアン「M」

イタリアン「M」のきのことベーコンのトマトクリームスパゲティはバランスもいい

 そして最後は、東急池上線・池上駅近くにあるイタリアン「M」(評価3.00)。いわゆる“普段使いの町のパスタ屋さん”だ。メインにサラダ・焼きたてパン・フリードリンクが付くあたりはありがたい。

 オーダーして5分、「きのことベーコンのトマトクリームスパゲティ」(997円)が到着。味は決して悪くない。食べログには「高級感のなさ」を指摘する声があったが、普段使いのお店に何を求めているのか……。

― [食べログ3.0以下]でもうまい店【4】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
人生は決して諦めないこと…映画『トランボ』に学ぶ
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日——フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」——46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな——連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中