雑学

「家庭の和食」は全然ヘルシーじゃなかった!?

 無形文化遺産にも登録された和食。「世界が認めるヘルシーさ」との枕詞は定番だが、その実情は? 料理家の小山浩子氏に聞いた。

「海外で評価されているのは、家庭の和食というより、懐石料理的な正統派の和食だと思います。季節性やもてなしの表現も評価の対象です。家庭の和食も、一汁三菜でバランスが取れるもの。米と味噌汁、漬物だけでは栄養不足です」

家庭の和食 醤油や味噌に頼りがちな和食には、塩分過多という弱点もある。

「WHOの食塩摂取目標が一日5gなのに対し、日本人の摂取量は倍の10g程度。コンビニの和食弁当は塩分多めですし、ヘルシーで栄養豊富な刺し身や冷ややっこも、醤油を多くかければ病気のもと。塩分過多では生活習慣病や認知症のリスクも高まります」

 多様な日本料理をひとくくりに健康的とするのは無理があるのだ。

塩分過多2★減塩を意識しないと生活習慣病の引き金になる可能性あり

【小山浩子氏】
料理家・管理栄養士。料理家としてのキャリアは20年以上で、2015年から日本高血圧協会理事も務める。著書に『目からウロコのおいしい減塩「乳和食」』など

― [日本流はスゴい!]は本当なのか? ―

目からウロコのおいしい減塩「乳和食」

牛乳と和食が出会うと―おいしさが倍増する「ミルクマジック」を発見!! もう薄味でがまんしない、減塩レシピ満載!!




おすすめ記事