「キモカワイイ!」と話題の“バナナ彫刻”の作り方

バナナ彫刻

赤井稲妻氏による「SPA!を新幹線で読みふけるバナナ」!

 特に予定もない休日、あなたは何をしてますか? 映画鑑賞したり読書に耽ったり、はたまた何をするでもなく1日中寝てみたり。仕事の疲れを少しでもとるべくして思い思いの休日を過ごしていることだろうが、余った時間に過ごし方のひとつとして提案したい“趣味”がある。“バナナ彫刻”である。

 こちらは“バナナ彫刻の先駆”として活躍する赤井稲妻氏の作品である。現役サラリーマンでもある赤井氏は6年前、爪楊枝で「なんとなく」バナナを掘り始めた。

赤井:スーパーでバナナを見たときに思いつきました。バナナの皮をむいて、バナナじゃない“何か”が出てきたら面白いなって。それでまず、彫刻といえば仏像だろうということで彫ってみたのが6年前です。ブログにUPしたら反響もけっこうあって、以来毎日掘ってます。「食べ物で遊ぶな」という批判もありますが、ちゃんと全部食べてるんですよ。

 赤井氏はものの5~10分で作品を完成させる。用意するものは、バナナと爪楊枝、その2点だけである。

赤井:ちょっと熟れたくらいの、やわらかめのバナナが最適です。慣れないと完成まで時間がかかるでしょうから、レモン水をキリフキでかけて、バナナが変色しないようにしましょう。題材は、例えばアントニオ猪木のような特徴的な「顏」から始めるとつくりやすいかもしれませんね。で一番意識してほしいのは、“彫る”というよりも、“中に入っているものを感じてほじくり出す”という感覚です。考えずに、感じてください。ブルース・リーです。

 手順は下の画像でご覧いただきたい。

●まずは顏の中心を決めて「鼻」を彫る
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610978

まずは顏の中心を決めて「鼻」を彫る

●目と口の位置を決めたうえで輪郭を彫る
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610980

目と口の位置を決めたうえで輪郭を彫る

●「中に入っているものを出す」感覚で彫り続ける。顔の表面は周囲と質感を変えるために、ならす
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610981

「中に入っているものを出す」感覚で彫り続ける。顔の表面は周囲と質感を変えるために、ならす

●目と口の細部を彫って完成!
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610982

目と口の細部を彫って完成!

 ちなみに、グラビア好きということで、「女のコ」もつくってもらった。モデルはやっぱり“特徴的”なアグネス・ラム。

●「食べるとおいしい」らしい、アグネス・バナナ
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610983

「食べるとおいしい」らしい、アグネス・バナナ

赤井:バナナは彫ったあとちゃんと食べます。ウソみたいな話ですが、彫ったものによって味が違うんですよ。「アグネス・ラム」が一番おいしかったですね(笑)。

 会社に新入社員がやってくるこの季節。歓迎会で“バナナ彫刻”を披露すれば、新人OLもきっとあなたの虜。後輩OLにこう呼ばれたくないか? 「バナナ先輩!」と。

<赤井稲妻“バナナ彫刻”傑作選 >

●バナナ2本を組み合わせた「スカイツリー」
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610984

バナナ2本を組み合わせた「スカイツリー」

●キモカワイイ「双子」
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610985

キモカワイイ「双子」

●柔らかそうで実は「骨のあるバナナ」
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610986

柔らかそうで実は「骨のあるバナナ」

●拝むべきか食うべきか、「バナナ仏」
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610987

拝むべきか食うべきか、「バナナ仏」

●バナナの角度をうまく生かした力作「ドラゴン」
⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=610988

バナナの角度をうまく生かした力作「ドラゴン」

【赤井稲妻】
サラリーマン。“バナナ彫刻”のほか、奇想天外な作品を発表中! 最新情報は公式ブログは「赤い飯店(http://ameblo.jp/akaiotoufu/)」でチェックされたし!

<取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/スギゾー>

バナナの正しい彫り方

つまようじ1本でバナナをアートする

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?

20代50.3%、30代38.1%、40代31.5%と女性人気No.1!飲み会で知っておくべき女性好みのお酒とは?
sponsored
 いつの間にか、セミがガンガン鳴きだして夏がきたと感じる昨今。今年の夏は、2010年以来の猛暑が予想され、連日うだるような暑さを覚悟しなくてはならない…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(12)
メンズファッションバイヤーMB
「クールビズ」がダサく見えるのはなぜ?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
名古屋喫茶の雄「コメダ珈琲」上場で変わるカフェマーケット
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンがWWEと“絶縁”した日――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第140回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「俺と二人で旅がしたいの?」――46歳のバツイチおじさんは男前すぎるセリフを真顔で言い放った
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
「なんで飲食業でモデルみたいな恰好してるんだ?」ロスの税関で4時間尋問を受けて感じたこと
大川弘一の「俺から目線」
俺の問題にはなるな――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「ポケモンGO」を配信前の日本でプレイしてみたよ 秋葉原でポケモンゲットだぜ!
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中