駅員がウンザリする「鉄ヲタの知識自慢」

「お客様は神様です」なんてあまりにも有名な言葉もあるが、かといって客は店員に威張り倒していいわけではない。「知らぬ間に自分もしているかもしれない」という自戒の念も込め、さまざまな接客シーンでの客のウザ自慢を集めた。

◆浴びせ倒し系自慢【駅員】

ホームに立つ駅員 大手鉄道会社で駅員として働くSさん(男性・23歳)は、時刻表片手に訪れて知識自慢をする鉄ヲタに悩まされているという。

「どこそこの列車の編成が変わったとか、特急列車の運休による使用車両の変更はどうだとか、言ってくることがイチイチ細かい。新型車両の仕様を聞かれて『わかりません』と言ったら、1時間近くレクチャーを受けたこともあります。要は僕ら駅員に鉄道の知識で勝って満足したいんでしょう。でも、僕は鉄ヲタでもなんでもないし、お客様への乗り換え案内にも検索サイトを使っているくらいですからね。暇なときならまだしも、忙しいときもお構いなしだから、勘弁してほしいですよ」

 勝ち誇ったように駅をあとにする鉄ヲタ君の後ろで、駅員たちはほっと胸をなでおろしているのだ。

◆学歴系自慢【塾講師】

 モンスターペアレントが幅を利かせる昨今、学校だけではなく塾の講師でも苦労が。進学塾講師のSさん(女性・32歳)は言う。

「そこそこ成績のいい高2女生徒の父親に、面談で『志望校合格にはまだ少し足りない』と話したら大激怒。自分の学歴や偏差値を聞かれ、『ウチのコのほうが上じゃないか。お前に言われる筋合いじゃない!』と。腹が立ちましたが、その場は謝ってすませました」

 しかし、“子供自慢”はまだマシで、なかには“自分の学歴自慢”を繰り広げる親もいるのだとか。

「『私は早稲田だけどあなたは?』みたいなことを言われます。『九州大学です』と答えると、今度は高校時代の成績自慢。私と張り合っても意味がないと思うんですが」

 親の自慢は子供の首を絞めるだけなのだ。

― 接客業[お客のこんな自慢話]がウザい!【12】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中