雑学

鉄道マニアは扱いにくい!? 駅員に聞いた「好かれる客/嫌われる客」

「好かれる客/嫌われる客」を探るべく、プロの本音に迫るシリーズ。今回、聞いてみたのは「駅員」。あなたも気づかぬうちに迷惑客になっているかも?

【駅員に好かれる客/嫌われる客】
◯ 落とし物や忘れ物を報告してくれる客
× 泥酔者を介抱したがる客


 不特定多数の人がひっきりなしに行き来する駅では、いい客もイヤな客もたくさんやってくる。

店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客]

(画像はイメージです)

「多くの人と接する仕事だけに、結構単純なことで好き嫌いが分かれます。言葉遣いとかもそうだけど、特に落とし物とか忘れ物は、駅員に届けてくれるだけで好感度が上がってきますね」と語るのは鉄道会社の社員。

「当たり前のことのように感じるかもしれないけど、実際は見つけてもそのままにしちゃう人がほとんど。それだと落とし主から問い合わせがあったときに探す手間が掛かるから、ちゃんと伝えてくれるだけでもめちゃくちゃありがたいです。ほかには、素早く対応できるから、ホームのトラブルとか酔っぱらいがいることを報告してくれるのもありがたい」

 ダイヤが乱れて対応に追われているときに「大変ですね」などと声を掛けてくれる人もかなり好かれるという。

「なかには怒鳴ってる客をなだめてくれる人もいる。こっちも全部に手が回るわけじゃないから、『こういうお客さまに支えられているんだな……』ってあらためて感謝しちゃいますね」

 とはいえ、親切心が行きすぎても厄介なようだ。特に困るのは泥酔した人の介抱を買って出る無関係な客だという。

「知り合いならまだいいけど、無関係な人がしゃしゃり出ると面倒。『水を持ってこい』とか『ビニール袋を用意しろ』とか、駅員に指示したがる人は多い。あとは勝手に救急車を呼んだり……。余計に混乱したり、野次馬が集まってホームが混雑する原因になるから、ただでさえイヤなゲロ処理が地獄になる。トラブルが起きたとき、報告していただくこと自体はありがたいから、実際の作業は慣れているウチらに任せてほしいですね」

 そして、一番扱いにくいのはやはり“鉄道マニア”なのだとか。

「専門用語連発で話し掛けてきたり、回送列車のダイヤを聞き出そうとしたり……。どいつもこいつも話が長い(苦笑)。で、こっちが知らない情報があると勝ち誇ったような顔をする。そういうところはいちいち“報告”しなくてもいいんだよ(笑)。そもそもウチらは鉄道会社の社員であって鉄ヲタじゃないんで。彼らと話している間はほかのお客さまを待たせてしまうわけで、本当に申し訳ない気持ちになります」

 いずれにしても、駅は公共の場。駅員だけでなく他の客にも迷惑を掛けるような振る舞いをする人は、本当に嫌われる存在なのだ。

― 店員が選ぶ[好かれる客/嫌われる客] ―




おすすめ記事