マツダ「デミオ」がベンツやBMWに勝てた理由

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤー(以下COTY)はデミオが受賞。今年のCOTYは票が割れた大接戦でした。マツダは一昨年のCX-5に続いてのCOTY受賞。スカイアクティブテクノロジーで大躍進中のマツダですが、デミオがCクラスやi3、レヴォーグなど、(COTY選考上の)ライバルを抑えた理由は何だったのか?

西村直人=文 Text by Nishimura Naoto

◆個性溢れる“今年の10台”でデミオがCOTYだったのはなぜ?

COTY 選考委員59人により投票が行われた第35回日本カー・オブ・ザ・イヤー。昨年は圧倒的な得票数で、輸入車として初めてVWのゴルフがCOTYに選ばれたが、今年はデミオとCクラスのガチンコ対決となった。10ベストカーがユニークであったことから選考委員の評価も大きく分かれたのだが(筆者はCクラスに10点)、興味深いのは国産車対輸入車という構図に加えて、クラスや価格帯が大きく違う2台が競い合ったことだ。結果デミオがCクラスに19点の差をつけた。デミオはどこが優れていたのか?

 コンパクトカーであるデミオのもっとも秀でたところは、ボディサイズがクルマの価値を左右していないことだ。過去にも「小さくて、高級」を謳い文句にしたコンパクトカーは世界中に存在したが、運転にかかわる根本的な要素に至るまで上級モデルと同じように作り上げたクルマは数少ない。見た目こそ上質で高級感を漂わせていたとしても、それはいわゆる見かけ倒しで、実際に運転してみるとシートサイズが極端に小さかったり、ステアリングの中心位置が身体の中心線と正体していなかったりするなどの理由から適正なドライビングポジションがとれず、結果的にストレスを感じてしまうコンパクトカーは、いまだに多い。

マツダ デミオ

マツダ デミオ

 その点デミオは兄貴分のアクセラにも採用されているシート骨格や、アテンザと同等の各部調整機構をそのまま採り入れ、十億円単位の開発費用を厭わずアクセルやブレーキペダルを正しく踏める場所に配置した。運転席に座った印象は、アクセラやアテンザなどの上位モデルと遜色なくしっくりとくる。ナリは小さいが骨太なのだ。

 さらにデザインだけでなく走行性能でも世界中で高い評価を得ているマツダだけに、デミオには新開発の1.5リッターターボディーゼルと1.3リッターガソリンの2タイプのエンジンを用意し、それぞれにMTとATを組み合わせ、走りの質も上位モデルと同レベルにそろえている点も高評価を得た。

 これら以外にも、メーター上部に速度や簡易ナビルートなどを表示して、運転中の視線移動を減らすヘッドアップディスプレイを搭載するなど、ドライバー協調型の安全装備が与えられた点も、サイズが価値を左右しないことの表れだ。

 ぜひディーラーに足を運んで、実際に確かめてほしい。

<1位>マツダ デミオ/2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤー
マツダが誇る最新技術「スカイアクティブテクノロジー」をふんだんに採り入れたデミオ。クラスで唯一、ディーゼルエンジンを搭載していることでも注目を浴びた。シャープな顔立ち+エッジの効いたデザインも特徴。後席は先代よりもコンパクトになった

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/740425

【2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表】

1位「マツダ デミオ」423点
2位「メルセデス・ベンツ Cクラス セダン」404点
3位「BMW i3」340点
4位「スバル レヴォーグ」124点
5位「スズキ ハスラー」65点
6位「ニッサン スカイライン」41点
7位「プジョー308」41点
8位「ジープ チェロキー」15点
9位「ホンダ N-WGN/N-WGN カスタム」13点
10位「トヨタ ヴォクシー/ノア」9点


※COTYの選考方法は、選考委員が25点の持ち点を10ベストカーのなかで「今年の一番」と思うものに10点を入れ、残り15点を4台に1~9点の範囲で配点する

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中