R-30

レンタカーはデミオかスイフトなら当たり!【モテないカーマニア的レンタカー考察】

 クルマを所有していなくても、旅先などでレンタカーを利用したことがある人は多いでしょう。まあ、たいていの人はレンタカーの車種なんてなんでもOKだと思いますが、カーマニアともなると、レンタカー屋にどんなクルマが割り当てられるのかで、盛り上がったりガッカリしたりするのです。まあ、こんな細かいことをいちいち気にするから、カーマニアはモテないんでしょうね。

レンタカーMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

動けばいいレンタカーにも当たりハズレがある!?


 先日、旅先でレンタカーを借りました。レンタカーは動けばそれでいいので、当然一番安いコンパクトカークラスです。

 とは言うものの、私はプロのカーマニア。つい車種にこだわってしまいます。できるだけ走りが楽しいクルマだとうれしいのです。まあボンクラ諸君の場合、どれが楽しくてどれがつまんないか、その区別すらつかないでしょうけど。

 で、今回私に割り当てられたのは、トヨタ・ヴィッツでした。超ガッカリ~~~!

トヨタ・ヴィッツ

トヨタ・ヴィッツ

 レンタカーのコンパクトカークラスは、ヴィッツ、フィット、ノート、デミオ、スイフトが定番ですが、カーマニア的には最悪がヴィッツで、続いてノート、フィットの順。最上位はデミオとスイフトです。

 デミオとスイフトは何がいいのかというと、ぶっちゃけ「ちゃんと作ったクルマ」なのです。一方のヴィッツは「手抜きで作ったクルマ」。ちゃんと作ったか手抜きで作ったか、カーマニアならすぐわかる。だって手抜きのクルマは、ボディはガタガタ、ハンドルはフニャフニャ、エンジンはガサガサだから!

 実際、借りたレンタカーのヴィッツは、ガタガタのフニャフニャのガサガサでした。まあ10分も走れば慣れるんだけど。日本はヨーロッパと違って、スピード出すとこなんかないからね~!

「じゃ何でもいいやんけ!」と言うのはボンクラ。エリートはたとえレンタカーであっても、いいものにこだわるんですよ!

次のページ 
ようやく本題。スズキのスイフトが新型に!

1
2





おすすめ記事