テロや犯罪に「ドローン」が悪用される可能性。海外では既に実例も

テロや犯罪に「ドローン」が暗躍?海外では悪用例も

写真はイメージです。

 昨年末の紅白歌合戦でPerfumeのドローンを使ったパフォーマンスが話題となった。日本でも徐々に普及し始めており、今年は「ドローン元年」と言われる。一方で本格的運用には法的問題など課題も多い。現状と問題点を徹底取材した!

 未来の技術として期待されているドローンだが、法整備と並んで懸念されているのがテロや犯罪での悪用だ。1月、米ホワイトハウスにドローンが墜落した事件があったが、一時はテロと疑われた。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は言う。

「実はオウム真理教も地下鉄サリン事件の前、高性能ラジコンヘリでサリンやボツリヌス菌を空中から噴霧することを計画していた。当時は性能が悪く、計画は頓挫しましたが、現在では相当な数の人を殺せる量の化学兵器を搭載し、空中で噴霧することも難しくない。ドローン技術は日進月歩なので、大型爆弾を搭載できるくらい日も近いかもしれない」

 また、ドローンは小型で駆動音も小さいので、自動照準で撃ち落とすことも難しいという。スナイパーが目視で撃ち落せたとしても、都市部で化学兵器を積んでいたら、かなりのリスクを伴うことになる。

「ドローンを使ったテロが世界で起きた場合、所持を禁止する方向になるのではないか。ただし部品をバラしてしまえば容易に運搬できるので、テロリストにとっては関係ないでしょうね」(黒井氏)

 一方、犯罪利用においても、もさまざまなパターンが予想される。1月、米墨国境で麻薬を密輸していたドローンが墜落し、当局に押収される事件もあったばかりだ。「激裏情報」の本堂昌也氏は言う。

「まず嫌がらせでの利用が考えられます。カラーボールを搭載して車に落としたり、糞尿や劇臭物を家に落としたり。どちらも足がつきにくい。レーザーポインターで照射したすることも可能でしょう。監視カメラの無効化も簡単にできます」

 中国ではすでにドローンによる盗撮事件が起こっているが、日本でも下校途中の児童を尾行して盗撮する輩が出てくるかもしれない。

「脅迫行為にも使えます。風俗街やラブホテルを巡回して撮影し、相手を脅したり、下校中の子供の映像を親に送りつけて金銭を要求することも想定できます。子供が逃げ惑う様子の映像を親が見れば、恐怖に怯えてしまうでしょう」(本堂氏)

 その他、駅ホームに立つターゲットにドローンで体当たりして線路に落としたり、スピーカーを搭載して偽の避難警報を流して火事場泥棒を行うなど、想定できる犯罪にキリがないと本堂氏は言う。

 ドローンがテロや犯罪に利用されないことを祈るばかりだが……。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

【激裏情報】
‘96年から会員向けに裏情報を毎日メールで配信し続ける老舗サイト。著書に『GEKIDAS激裏情報@大事典』(三才ブックス)など多数。サイトは www.gekiura.com

※3/3発売の週刊SPA!では、「[ドローン元年]光と影」という特集を掲載中。上記記事のような「影」の部分だけでなく、前向きな活用法もたっぷりとリポートしている。

ドローンの衝撃

イノベーションか、それとも凶器か?

週刊SPA!3/10号(3/3発売)

表紙の人/マギー

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
GEKIDAS激裏情報@大事典

犯罪防止バイブルか犯罪マニュアルか。怒涛の裏ワザ1200連発

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中