技術もカネもあるのに日産がダメな感じがするのはなぜか?

「この道を行けばどうなるものか(中略)、迷わず行けよ、行けばわかるさ」、とアントニオ猪木も言っておりますが、モノづくりは迷いの連続でございます。それでもトヨタのような絶対王者はともかく、マツダ、スバルなどは己の道をまい進し絶好調! そんななか、庶民には迷走しているように見えるのが日産。その理由はなぜか? 考察してみました

日産清水草一=文 Text by Shimizu Souichi

◆日産に必要なのは少年ジャンプの“努力、友情、勝利”的わかりやすさだ!!

 日本の自動車産業は、アベノミクスの超優等生! 各社最高益を更新してお国に山ほど税金を払いながら、世界最先端技術で日本のテクノロジー立国ぶりを世界にアピールしてくださっている。ありがたくて涙が出ます。

 主役はなんと言ってもトヨタ様ですね。世界初の量産ハイブリッドカー・プリウスで世界を震撼させたのはもう18年も前ですが、今年は世界初の量産型燃料電池車ミライを発売。年間営業利益も3兆円に迫るなど、日本経済の屋台骨を背負う尊いお姿に本当に涙が出ます。

 脇役も役者揃いだ。マツダは革新的なクリーンディーゼル技術でブランドイメージが超絶向上中。スバルは伝統の4WD技術とアイサイトで北米市場が絶好調。トヨタをも上回る利益率を達成した。国民のみなさん、日本自動車産業マンセーを叫ぼうじゃありませんか!

CX-5

CX-5

 ところで、この勢いに一番乗り遅れてる会社はどこでしょう。

「日産じゃない?」

 そんな声が聞こえてきそうです。愚妻がディーラーの前を通りかかると、「最近の日産は本当にダメな感じね」と訳知り顔で申しますもので。

 ところが日産、そんなに悪くないんです。今期営業利益は6750億円(14.5%増)の見通し。最高益じゃないけど十分すごい。春闘のベア回答額でもトヨタを上回った。これでなぜ劣等生扱いされるのか?

愚妻「技術がダメなんじゃない?」

 とんでもない。GT-Rは世界最速級だし、世界初の量産EV(電気自動車)は日産リーフ。リーフは今でも世界のEV販売台数の約半分を占めている。日本で最初にクリーンディーゼルを売り出したのも日産だった(’08年)! これでなぜ技術がダメみたいなイメージになるのか不思議だネ。可哀そうで涙が出ます。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=855634

リーフ

リーフ

 ところで先日、日本最初のクリーンディーゼル車だったエクストレイル20GTが消滅し、代わりにエクストレイル・ハイブリッドが発売されました。新開発のハイブリッドシステムは、2リッターの147馬力エンジンに41馬力の電気モーターを組み合わせた本格派です。

 乗ってみると、これが実にイイ。もともと今のエクストレイルはとってもいいクルマなんだよね。室内は広いし走りもいいし、乗り心地はSUVのなかでも抜群。そのうえ今度のハイブリッドは静かでスムーズ、エンジンフィールもスポーティで気持ちいい。走りの楽しさならプリウスの何倍も上! すばらしいぜエクストレイル・ハイブリッド!

 でも、今のエクストレイルって、なんか印象が薄くないか?

愚妻「……見たことない気がする。これ、売れてないでしょ?」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=855633

エクストレイル・ハイブリッド

<エクストレイル・ハイブリッド>ちなみに日産は、ヨーロッパ市場では今もクリーンディーゼル車をバンバン売っていて、新型エクストレイルのディーゼル車も売れまくっている。ただしエンジンは完全にルノーの開発だ。日産は現在、ディーゼルエンジンを全面的にルノーに任せています

 とんでもない! ハイブリッドが出る前からSUV国内販売第3位(今年1~3月)、クリーンディーゼルで売れまくってるようなイメージのマツダCX-5の2倍だヨ! 全世界での販売台数はなんと年間約50万台! ワールドワイドな大ヒットモデルなのだ。ただ国内での存在感が弱いだけ!

⇒【後編】「なぜか劣等生扱いの日産に必要なのは少年ジャンプ的わかりやすさだ!!」に続く http://nikkan-spa.jp/855626

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中