デジタル

2万円のトースターが売れた2015年、白物家電は「原点回帰」で基本性能がアップ

今年もさまざまなジャンルで進化と変貌を遂げたデジモノ。どのジャンルも魅力的なプロダクトが続々登場した。そこで、今年の進化と’16年の展望をデジモノ、キッチン家電を愛するPC&デジタル家電ライターのコヤマタカヒロ氏に語ってもらった

白物家電は「原点回帰」で基本性能がアップ【家電】

 やはり一番はバルミューダのトースター(実売価格¥25,000前後)です。「毎日食べるパンが、これだけおいしくできるならこの値段でもいいよね」とみんなが納得する商品でした。6枚100円の食パンでも小麦の香りがふわっと漂う。今年は全般的に白物家電が原点回帰して、基本性能がちゃんと伸びた1年でした。
BALMUDA The Toaster

BALMUDA The Toaster (実売価格¥25,000前後)

 ロボット掃除機も面白いです。去年はパナソニックのルーロなど国内各社が新製品を出しましたが、今年は海外勢の反撃が始まった。世界ナンバーワンのルンバ、2のネイトが新製品を出し、10月にはキャニスターやハンディでダントツ人気のダイソンが参入しました。 また、掃除機の画期的な追加機能として、三菱電機が排気を利用したエアブロー機能付き掃除機を出した。その他にもレイコップなど、布団掃除機市場も一気に膨らんでいます。 ⇒【画像】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1009220
Dyson 360 Eye

Dyson 360 Eye (実売価格¥138,000前後)

 炊飯器は東芝ですね。羽釜でつくったかまどで炊くことを模したモデルが、おいしいお米が炊けて今年では最高の出来でした。シャープの電気煮込み鍋「ヘルシオホットクック」は評価が高く来年も盛り上がりそうです。 ●BALMUDA The Toaster 上下の独立駆動するヒーターに加え、スチームで外はパリッと中はシットリとしたパンに焼きあげるトースター。チーズトーストなどのモードを搭載する ●Dyson 360 Eye ダイソンの掃除機で培われたテクノロジーに基づいて設計され、他のロボット掃除機の4倍の吸引力を実現。専用のアプリで外出先からもコントロールやスケジュール予約が可能 【コヤマタカヒロ氏】 デジモノ、キッチン家電を愛するPC&デジタル家電ライター。『日経トレンディ』『家電Watch』などに連載を持つ 取材・文/北村篤裕 ― 2015年のデジタル流行大賞 ―
バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01A-KG(ブラック)

独自のスチームテクノロジーと完璧な温度制御によって、最高の香りと食感を実現する究極のトースター

360 Eye [ニッケル/ブルー]

直径わずか23cmで、狭い隙間のお掃除も可能です。

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事