デジタル

世界で一番おっぱいが揺れる2Dイラストを作るんだ! 業界に一石を投じるゲームプロデューサーのこだわり

家庭用ゲームの金字塔、ファミリーコンピュータこと「ファミコン」の登場から32年。家庭用ゲーム機の性能とともに発達した美少女キャラクターの「おっぱい表現論」に迫る!

おっぱい+ダンジョンRPGがゲーム業界に一石を投じる!


 強くなると「おっぱい」が大きくなるという、「自他共に認める最高にくだらないシステムをフラッシュアイディアで思いつき、そのシステムを軸に企画が広がっていきました(笑)」と、明るく教えてくれたのは、『オメガラビリンス』を手掛けた臼田裕次郎氏だ。

オメガラビリンス ディースリー・パブリッシャー/発売中/7344円[税込]

オメガラビリンス

 おっぱいが軸になっているだけあって、本作は本格的なダンジョンRPGにもかかわらず、敵を倒せば倒すほど「ωパワー(オメガパワー)」がおっぱいに溜まり、カップ数がどんどん成長する「発胸モード」や、いつでも乙女たちのおっぱいをタッチできる「パイ・タッチ・アクション」(略してPTA)など、男心をくすぐるユニークなシステムが満載。それらの中でとくに臼田氏がこだわったのが、なぜか胸の谷間にアイテムをはさんで行う「アイテム鑑定」だ。

「パートーナーの開発会社の方々に口うるさく言わないほうですが、『ここだけは中途半端なものは許しませんからね! 世界で一番おっぱいが揺れる2Dイラストを作るんだ!』と釘をさしました(笑)」

 その努力のかいもあり、アイテム鑑定のおっぱいは、「2Dイラストをテクスチャ化して3Dモデルを起こしています。あまり3Dにならないように意識して制作しており、2Dイラストならではのよさを堪能してもらえると思います」と太鼓判を押すデキに。興味のある方は、ぜひ一度ご賞味あれ!

●オメガラビリンス
装備品にパンツやブラがあるほか、囚われた女のコを助ける際、セクシーなイベントCGで描かれた少女たちにタッチが可能。さらに棒状の謎のアイテムをおっぱいに挟んで鑑定するなどお色気要素が満載。なおかつ、本格的なダンジョン攻略が楽しめるのも魅力。ディースリー・パブリッシャー/発売中/7344円[税込]

臼田裕次郎氏

臼田裕次郎氏

【臼田裕次郎氏】
ディースリー・パブリッシャーのプロデューサー。「次回作があるなら、ちっぱい好きから、これでもかという爆乳好きな方まで、満足していただける内容にしたい」とコメント

取材・文/黒田知道
©2015 Matrix ©2015 D3 PUBLISHER
― ゲーム内「おっぱい表現論」 ―

オメガラビリンス

胸膨らむ冒険へ――。キョウイの乳(NEW)ローグライクRPG始動




おすすめ記事