エンタメ

桜井あゆ引退インタビュー「AV業界ってドロドロしてない」

 2013年にAVデビューして以来、出演作は700本以上! 2015年2月にミリオンガールズZのメンバーに抜擢され、5月よりミリオン専属となった桜井あゆさんが今年3月に引退をする。引退を決意するまでの理由、引退後の生活などを聞いた。

桜井あゆ引退インタビュー⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1060249

――3月3日に引退されるとのことですが、引退を決意したきっかけは何だったのですか?

桜井あゆさん:実は3年間で引退すると、デビューする前から決めていたんです。小学校のころから芸能界に行きたくてオーディション受けたりしていたのですが、思うところがあって芸能界の夢は諦めたんです。でも恵比寿マスカッツなど、セクシー女優さんたちがアイドル活動をしているのを見て、「セクシー女優でもテレビに出れるんだ」と思って。そんな頃にAVに出てみないかと声をかけられて、まずは「AV業界で3年間頑張ろう」と決意しました。

桜井あゆ引退インタビュー

ミリオンガールズZの中ではおしゃれ番長といわれるほど、ファッションやヘアスタイルにこだわりがある

――なぜ「3年」という区切りに?

桜井あゆさん:学校に行くような感覚ですね(笑)。短すぎず長すぎず。もし3年頑張っても芸能界にいけなかったら、それが実力なんだと自分のなかで諦めがつくと思ったんです。

桜井あゆ引退インタビュー

引退イベントも大盛況!

――1年前から引退を公表して、残すところあとわずかになりました。

桜井あゆさん:そうですね。DVDのセル店では「桜井あゆコーナー」を作っていただいたり、事務所やメーカーさんで毎週のようにイベントを開催したりと、引退に向かってみんなが盛り上げてくれています。これほどの盛り上げ方はこの業界でも今までになかったくらいで素直に嬉しいし、残りのイベントもみんなと楽しく過ごしていこうという気持ちが強いですね。関係者やファンのみんなのためにも、今、最後やれることをやり尽くしたいと思います。

桜井あゆ引退インタビュー――「ミリオンガールズZ」というユニットを組んでアイドル活動も精力的に行ってきたと思いますが、そちらはいかがですか?

桜井あゆさん:みんなの前で歌ったりパフォーマンスしたり、それは楽しかったですね。結局MCは緊張して最後まで慣れなかったな(笑)。ミリオンガールズZの活動のなかで唯一心残りなのは、PVを撮れなかったことですね。

――これまで700本以上の作品に出演している桜井さんですが、なかでも印象に残っている作品はなんですか?

桜井あゆさん:地元で私の知り合いとプレイするという、自分で企画した作品があって。ガチで地元に帰って、地元の本当の知り合いとエッチするという作品なんです(笑)。企画から構成、売り込みまですべてを自分で考えた作品なので、一番印象に残っていますね。これまで700本以上にも出演してやり尽くした感はあるし、後悔もありません。

桜井あゆ引退インタビュー――AV業界を引退した後は?

桜井あゆさん:18歳くらいの頃、美容部員をやっていて、メイクに興味を持っていました。これまで自分が見られる仕事をしてきて、今度は逆に見られる人のサポートをしたいなと思って。今後はメイクの仕事をしたいと思っています。普通の女の子をメイクで可愛くしてあげて、「メイクでこんなに変われるんだよ」と教えてあげたいですね。

――最後に、AV業界を卒業される桜井さんから、この業界の皆さんやファンの方へのメッセージをお願いします。

桜井あゆ引退インタビュー桜井あゆさん:私、思ったことをはっきりと言ってしまうタイプなので、もしかしたら、ファンの方やこの業界を志す女の子たちの夢を壊すようなことを言ってしまっていたのかもしれない。でもそれは「私だって普通の女の子だよ」っていう自分なりの意思表示でもありました。実はこの業界って、女性ならではのドロドロとした人間関係とかもなくて、一番派閥がない世界なんです。女優さんもスタッフさんも、1本の作品を撮るために、みんなが頑張って協力し合っている素敵な現場ばかりでしたよ。だからこそ、AV業界やセクシー女優への偏見を少しでもなくせたらいいなと思いますね。

【桜井あゆ】@ayu_sakural
2013年AVデビューし、これまで700本以上の作品に出演する。自身を「ちっぱい女優」と呼び、小さめのバストがアピールポイント。2015年2月にミリオンガールズZに加入し、million専属女優に。3月2日に大塚HEART+にて卒業ライブを行い、スカパー!アダルト放送大賞2016授賞式がある3月3日に引退する。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1060233

<取材・文/日刊SPA!取材班>





おすすめ記事