雑学

コンビニ&激安弁当を「完璧な昼めし」にする方法

昼めし予算はもはや300円以下! とはいえ、手作り弁当も難儀……そんなサラリーマンは少なくない。ギリギリ生活でも栄養バランスを保てる、コンビニ&激安弁当の活用術を探ってみた

◆コンビニ&激安弁当編

 激安弁当も増え、コンビニ弁当のメニューも豊富な今。選択肢は多いが、栄養バランスを考えるならば、戦略を持って選びたい。

お弁当は主菜が揚げ物のことが多い「安いお弁当は主菜が揚げ物のことが多い。コロッケやちくわ天だと炭水化物ばかりになってしまうので、タンパク質を摂るためにお肉を選びましょう」と助言してくれるのは管理栄養士の中沢るみ氏。

 ただし、脂質が気になるなら、魚を選ぶようにしたい。

「魚にはナイアシンが多く、これが精神安定に一役買います。サバを使った弁当なら低コスト。また、マグロやカツオなどの赤身の魚は鉄分が豊富。弁当にツナ缶を足すだけでもありです」

 副菜は野菜を選ぶのが常道。

「市販のお弁当は食物繊維が不足しがち。ワカメ・昆布・ヒジキなどの海藻類も意識したいですね」

 さらにダメ押しで汁物を付けるのが満足度を増すコツ。ドカ食いもしにくくなるとか。やはり、一汁三菜は理にかなっているのだ。

◆今どきの200円台弁当

・白身魚エスカベッシュ弁当:270円
ニコ丸弁当(八丁堀店中央区八丁堀2-11-2)
営:10:00~13:00/休:土日祝

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1075504

ニコ丸弁当

白身魚エスカベッシュ弁当(ニコ丸弁当)

270円の弁当が30種ほど揃う。驚きのおかずの充実度で、12時台には売り切れという人気も納得。神田司町、日本橋小舟町など都内に複数店あり

次のページ 
シャケ弁当:298円

1
2
3
野菜の新常識 体にいい食べ方はどっち!?

全67種類の野菜と果物の「本当に体にいい食べ方」を紹介




おすすめ記事