マネー

6500円のジャケットが10万円に!? メルカリ⇒ヤフオクの“サヤ取り転売錬金術”

 現在、急成長を続けるフリーマケットアプリのメルカリと、言わずと知れた日本最大のオークションサイトであるヤフオク。一見、どちらもユーザー同士の取引をする場である点では同じでは?と思いがちだが、実は両者はまったく性格が異なる市場なのをご存知だろうか。

 以下のような転売屋がこぞって購入する商品の扱われ方を見ていくと、その違いを実感できるはずだ。特にレアな商品の売買は如実に両者で差が出やすい。

Reebokのスニーカー


⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1164795

ヤフオク:在庫なし(楽天47600円)
メルカリ:10000~20000円

 例えば、過去の名作スニーカー、「QUESTION」のレアなコラボモデルの場合。こちらは現在NBA No.1の選手レブロン・ジェームズとのコラボだが、ヤフオクではまずお目にかかれないうえ、楽天でも軒並み完売し、唯一発見できた商品でも、サイズが限られ値段は47,600円。プロモーション用のサンプルのみが流通という激レアモデルだ。

 しかし、メルカリではなんとこのスニーカーが1~2万円で出品されている。この手のケースでは、説明文を読み込むと、売り手側が知識を持っておらず、置き場に困り小遣い稼ぎのために処分しているケースが多い。

 仮にヤフオクに出品された場合、コレクターやスニーカー販売業者が正当な値段まで釣り上げるため、1万円で買うことはおそらく難しいだろう。

JUDY AND MARYのコラボTシャツ


ヤフオク:8000~10000円
メルカリ:800~2000円

 人気バンドのジュディマリと、ファッションのブランドのSUPER LOVERS がコラボしたTシャツでも、同じケースが確認できる。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1164797

 過去ヤフオクに出品された際には、中古でも8000円~1万円まで値段が上がったことがある。しかし、メルカリでは800円~2000円での出品が相次いでいるのだ。転売屋は見つけるたびに即買しているというが、市場に流通する商品数が極めて少ないため、お目にかかること自体が至難の業。

 商品知識を持たない人が、処分のために出品してくれるのをひたすら待つのだという。

次のページ 
コム・デ・ギャルソンのコラボ商品は?

1
2




おすすめ記事