恋愛・結婚

10分1000円、激安化が止まらない大塚ピンサロのコスパを調査

大塚「A」:ディープキスの順番が間違ってる

店内雰囲気:★★★ 嬢レベル:★☆☆ 快感度:★☆☆ 10分1000円コースも出現――激安化が止まらない大塚ピンサロに潜入した このお店は11月から10分1000円の「せんべろコース」を実施している。“業界最安値”のキャッチコピーは伊達ではなく、破格と言って差し支えない手軽さだが、地雷女を売りにするソープ『鶯谷デッドボール』系列のピンサロという前情報に、怖気を震わせながら入店した。  エレベーターの扉が開いてすぐの待合室で15分ほど待機。“熊出没注意”の表示など内装で地雷店を強調している。  合皮のシートに移動し、間も無くやってきた嬢はラッパーのShing02似だが妙に粘りのあるフェラが気持ち良い。つくづく口が達者な顔立ちだと思いながら、10分という嬢泣かせのプレイ時間はアッパーなユーロビートのBGMとともに瞬く間に過ぎてゆく。  後半、「気持ちいいよ。そろそろ出そう」と自らに言い聞かせるように口に出したが、「いいのよ、たっぷり出して。受け止めてあげる」という彼女の低いしゃがれ声に再び萎えてしまい、以降は耳と目を閉じ、口を塞いだ。  彼女は豊満というよりはがっしりとした体格だったが、肌が非常に綺麗でとても撫で心地が良いことに気付いた。それでもプレイ時間は残酷なほど短く、最後は激しい手コキとバキュームフェラという、文字通りの力技でフィニッシュ。残す時間は1分となかった。  ピンサロとは本来抜かれるものだが、取られたと言ったほうがしっくりくる。最後に、嬢が別れ際、ディープキスをしてきたのは頂けなかった。100歩譲っても最初にするべきだろう。 ◆ ◆ ◆  セールストークとともに話してくれたあるキャッチによると、大塚のピンサロはいま10分1000円というのが基本的な相場らしい。お店によって値段が違うのはプレイ時間の差、あるいは女の子の質の差だという(高いところも数百円の差のところが多いが)。  手軽に体験できる大塚の激安ピンサロ、内容の詳細は書いた通りだが、安かろう悪かろうとは、また違った一面もあり、それなりに満足できたのも事実。年末に一度は足を運んでみるのも楽しいかもしれない。 <取材・文/日刊SPA!取材班>
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事