雑学

スポーツ前後に摂ると有効な栄養素は? 次の日に疲れが残りにくくなる!?

 スポーツやジムなどで身体を動かし心地よい疲労を感じながらも、社会人たるもの明日のことが気になるものだ。次の日に疲れを残したくない、せっかくの運動の効果をより有効にしたい、でもプロテインを飲むのはちょっと面倒……という人は、とりあえず手軽にエナジードリンクでも飲んでおきたいところだろう。

 そもそも、スポーツする前やスポーツ後にはどんな成分を摂っておくといいのだろうか。管理栄養士でフードスペシャリストでもある深野真季子氏に話をうかがった。

スポーツ前に摂っておきたい成分は?


管理栄養士・フードスペシャリストの深野真季子氏

 スポーツでは大量のカロリーを消費するため、エネルギーのもとになる炭水化物を摂取することが基本です。しかし、炭水化物はエネルギーに変わるのに時間がかかります。たとえば、ご飯や麺類、イモ類などの炭水化物はエネルギーに代わるのに2、3時間かかるといわれています。一方、果物は30分~1時間で消化できるので、スポーツ前にバナナやリンゴジュースを摂った方が効果的です。

 ただし、果物に含まれる食物繊維は体内では消化できません。そのため、運動の直前に摂ると、胃や腸に停滞する時間が長くなり、体が重くて動きづらい原因となってしまうので、気を付けたいところです。

 その点、糖分ブドウ糖などが含まれているエナジードリンクは、即効性が高いので、有効でしょう。ブドウ糖はノンシュガーやカロリーオフ等の一部のドリンクを除いて、多くのドリンクに含まれています。

 また、これにプラスしたいのがビタミンB1です。ビタミンB1は、主に糖質をエネルギーに変える過程で必要なビタミンです。炭水化物を効率的にエネルギーに代えるには、ビタミンB1が効果的です。

 さらに、脂肪燃焼を助ける成分のカルニチンには、脂質から得られるエネルギーを利用した持久運動力向上が期待できます。

次のページ 
スポーツ後に摂りたい成分は?

1
2
どれ飲む?いつ飲む?エナジードリンク・栄養ドリンクのすべて

話題のドリンクから女性向けドリンク、気になる強壮ドリンクまで徹底解説! !




おすすめ記事