恋愛・結婚

SNSで不倫がバレた人たち…泥沼化した恐ろしい結末

自爆上等で写真を投下

 また、SNSは“自爆テロ”の舞台にもなる。大田裕子さん(仮名・21歳・大学生)は別れ話でもめて、燃料投下に踏み切った。 「今までの不倫相手とのやりとりを全部フェイスブック上にアップして拡散、彼の会社の“問い合わせ先”にもやりとりのキャプチャー画像を送信。あと彼の子供の名前でインスタグラムを検索したら奥さんのアカウントが出てきたので、『あなたの旦那に犯されました!』と書きこんであげました。こっちは学生で、失う社会的信用もないし。彼はその後、離婚したようですが、知ったこっちゃないですよね(笑)」  嫁から慰謝料請求をされたらどうするつもりだったのか気になるが、一度自爆を覚悟した人間に怖いものはないのだ。  逆に妻側が浮気相手を特定し、仕返しするケースも。主婦の内藤淳子さん(仮名・44歳)の例だ。 「夫の浮気発覚後、相手女性のフェイスブックアカウントを見つけたんです。プロフィール欄に出身地、出身中学校が書かれていて、実家前で撮影している写真もあったので、グーグルストリートビューも活用しながら実家の住所を特定。旦那の携帯を盗み見て撮影した“浮気ハメ撮り写真”を持参して、相手のご両親にたたきつけました。親にハメ撮り写真見られるなんて一生の恥でしょ(笑)」  SNSの拡散力と、嫉妬や怒りが結びついた瞬間、不倫バレは二人の問題に収まらず、一気に泥沼化するのだ。

嫁バレより大変な子供バレ

 ”不倫の子供バレ”は、時に嫁バレにも引けを取らないほど深刻な修羅場に繋がる。 「3姉妹の長女に、iPadを貸したときに、同僚との不倫の痕跡をフェイスブックで見られました。『家族を壊したくないからママには言わない』と言われたものの、何の話をしても『信用できない』と一切無視。毎日長女から逃げるように生活しています」(42歳・商社)  さらに子供の人生を狂わせてしまう例も。 「『私のことも裏切り続けていたんだね』と、大学生の娘がリストカットし、引きこもりになった」(48歳・営業)  ほかならぬ自分のせいで子供の人生を狂わせてしまうとは……。 ― [不倫の泥沼化]が止まらない ―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事