雑学

神社仏閣の「御朱印」をインスタ投稿する20代女性たち。SNSに疲れた層がハマる!?

アナログレコードやラジカセなど、若者の間で“アナログ”なものがはやっているという。しかもそれは、懐古趣味ではなく、デジタル時代だからこそ生まれた現象だったのだ!

御朱印にハマってSNSから一時解放!けれど結局インスタ投稿


井口エリ氏

御朱印ライター・井口エリ氏

 神社仏閣でもらうことができる御朱印。もともとは中高年、特に男性に人気の趣味だったが、近年では20代女性の間で人気が高まり、“御朱印ガール”という呼称まで生まれている。

「もともと神社仏閣が好きだったけど、御朱印をインスタで上げると反応がいいので、どんどんハマっていきました」とは、最近御朱印ガールになった20代女性の弁。

「御朱印はSNSのなかでも、インスタとの相性が抜群にいい」

 そう語るのは自身も御朱印ガールである、ライターの井口エリ氏。

御朱印にハマっているのは、日頃SNS疲れしている層


「デザインが豊富だし、手書きなので同じものがひとつもない。写真で見るのに適しています。ハッシュタグで同好の士を見つけやすく、“いいね!”がもらいやすいのもうれしいですね。また、御朱印専用のアカウントを作っている人も結構いるので、フォローしていると毎日のように新しい情報が入ってきます。それを見て刺激され、自分もまた新しい御朱印をいただきに神社仏閣へ出向く、という循環が生まれています」

 やはりインスタ映えが女性を引きつける一番の理由なのだろうか。

「むしろ御朱印にハマっているのは、日頃SNS疲れしている層だと思います。神社に行って参拝している間は、スマホと距離を置くことができLINEやインスタなど便利だけど煩わしいと思うものから、一時切り離されるのです。それが気持ちいい。……結局、そのあとでインスタに上げて反応を楽しむんですけど(笑)」

 需要の拡大に合わせ、遊び心のある御朱印も増えているという。

「個人的な印象ですが、お寺よりも神社のほうがより遊び心のあるデザインの御朱印が多い。季節ごとに出している限定の御朱印もあり、それは女性に特に人気ですね」

次のページ 
井口エリ氏オススメの御朱印スポット

1
2





おすすめ記事