雑学

どうすれば「人間としての器」は大きくなるのか?【魂が燃えるビジネス】

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第16回

どうすれば「人間としての器」は大きくなるのか?【魂が燃えるビジネス】「なんでそんなに親身になってくれるんですか?」

 私はクライアントさんとお会いした時に、そう言われたことがあります。しかし、これは自慢でもなんでもありません。なぜなら私は「必ずしも親身とは言えない自分」を知っているからです。

 コーチングは相手の内面にある希望を一緒に見つけていく仕事です。忙しい毎日の中で、私たちは自分のことさえ見失ってしまいます。今の自分が何を求めているのか、あるいは何から逃げているのか。自分の行動理由が「希望」なのか「逃避」なのかも、一定の状況を作らなければ明らかにはなりません。

 その一定の状況を作るのがコーチングです。人間の心は地層のように過去の出来事が積み重なっています。そこから本心を掘り起こすには、それなりの時間がかかります。対話が5時間を超えるのも珍しくありません。

 クライアントはその根気を指して「親身」と言ってくれたのだと思います。しかしその一方で、私は自分の意に沿わない仕事は受けません。また受けたとしても結局は長続きしません。私は自分がとても薄情であることを自覚しています。

 私たちは決して一面的ではありません。一人の人間の中でさまざまな要素が複雑に絡み合っており、予期せぬ一面が複数の人間関係を通して浮かびあがってきます。親身だと思った人が時として薄情に、冷酷だと思った人が時として優しくなります。

 だからこそ評価というものはあてになりません。誰かがあなたのことを「馬鹿」や「愚か」だと言っても、たとえあなた自身がそう認めていたとしても、それでもまだあなたには「天才」や「賢さ」が埋まっているのです。

次のページ 
私たちは自分をネガティブに決めつけてしまいがち

1
2




おすすめ記事