R-30

「いいね!」が欲しくて月10万円以上をつぎ込む…SNSに翻弄される中高年たち

SNS

フォロワーからの評価を気にして、上司と部下をレンタル。部下に慕われ上司からは愛されるキャラを熱演

SNSに翻弄される中高年、いいね!のために散財も


「SNSのいいね!の数が少ないと、自分が全否定されたような気がしてたまらないんです」

 都内在住の横田慶介さん(仮名・36歳・SE)は、SNS上で注目されたいあまり、リア充代行サービスに飛びついた。

「料金は一人2時間で8000円ほど。大体3~5人をレンタルして、居酒屋などで盛り上がる様子を撮影します。全員の食事代や交通費を入れると料金は5万円以上。月に2回の利用で給料の半分近くが吹き飛びますが、華やかな写真をネットに上げるといいね!が何倍にも増える。その高揚感が忘れられなくて、毎晩カップ麺生活で節約しては撮影を続けています」

 月収は約30万円。決して余裕があるわけではない。サービスを提供するファミリーロマンス代表の石井氏いわく、最近は彼のような中年層が増えているという。

「“インスタ映え”という言葉が浸透したこともあり、中年世代もいいね!の数を気にする時代になりました。しかも、女性より『仕事にかまけてリアルな友人と疎遠になった』という普通のサラリーマン男性の利用が圧倒的に多い。中には同じ“友人”を自分のSNSに登場させることで信ぴょう性を持たせようと、毎回キャストを指名する熱心なリピーターもいます」

 今や若者だけではなく、中年世代もSNSに翻弄されているのだ。

<斉藤氏の解説>
現在、ネット依存は「インターネット使用障害」という診断名が検討されている。いいね!のようにわかりやすく他者から承認が得られるので、自然と嗜癖行動に結びつきやすいです

取材・文/週刊SPA!編集部
※10/24発売号の週刊SPA!特集「急増する[新型依存症]が危ない」より

週刊SPA!10/31号(10/24発売)

表紙の人/ 松岡茉優

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事