雑学

「いいね!」の数が多いと浮かれている人は注意。それ、単なる義理です

若い頃は仕事をすればそれなりに評価され、気軽に飲みに誘ってくれる友人や女友達もいた。しかし、40歳を過ぎてからというもの、昔ほど人が寄ってこない! それはいわば中年になった証しでもあるが、まだまだチヤホヤされたい気持ちもある。というわけで、「簡単に人気者になれる秘訣」を大公開する!

「いいね!」は単なる義理? 相手を思いやる投稿内容とは


スマホ いまだにフェイスブックの「いいね!」の数をやたらと気にする40男が多いが、「実は、周囲が義理で押しているだけだったりすることも……」と、うぬぼれている人へ注意を促すのは石原壮一郎氏。

「いいね!の数よりもコメントの数や内容で判断するほうがいいでしょう。芸能人でもないのに『○○に来ました』など脊髄反射的な投稿、自慢や上から目線の説教くさい内容、そして『もっと見る』が表示される長文は鬱陶しく思われている危険性があります」

 どうやら最近では、「見る価値がないオジサンのフォローを外して、投稿を表示させなくしています」(27歳・店員)という女性も多いようで、マイナスな印象にさせない対策が必要だ。

「チヤホヤされたいならSNSは自己アピールのツールではなく『見ていただいているもの』と謙虚な心構えで使うべきですね。投稿前に、己で『この投稿は必要か』と確認をするのは必須です」

次のページ 
受け取る側がどう感じるかを考える

1
2





おすすめ記事