エンタメ

オタク臭漂うアニメ絵・萌え絵ジャケに悶絶必至! 新時代のヘヴィメタル「同人メタル」の世界

<文/山野車輪 連載第13回>

ネットの普及と並行してオタク化していったジャパメタ


 世間の人々が認識しているところのヘヴィメタルのイメージとは、おそらく、ホラー映画にみられるようなおどろおどろしいものだろう。実際、ヘヴィメタル専門店のデス/ブラックメタル・コーナーの棚に収まっているCDジャケットは、そのイメージの通りである(メタラーは、腐乱死体であればデスメタル、ツルツルしたバンドロゴであれば北欧メタルなど、ジャケットのヴィジュアルでおおよその音・ジャンルの判別をつけている)。

 だが、日本のヘヴィメタル(ジャパメタ)・コーナーを見ると、一般の人々は、かなり驚くのではないだろうか。というのも、ジャパメタの棚に収まっている少なくないCDジャケットが、アニメ絵・萌え絵なのだ。そこだけが異様な空気…ぶっちゃけるとオタク臭が漂っているのである。

 メタラーは、アニメ絵・萌え絵ジャケットの意味を、ちゃんと理解しているのだろうか。オタク趣味を兼ねる筆者は、00年代初頭頃にはすでにインターネットなどでオタク臭漂うジャパメタの自主制作CDを買っていたから、アニメ絵・萌え絵ジャケットCDの正体はわかっていた。これらは「同人メタル」と呼ばれるものだと。

オタク臭漂うアニメ絵・萌え絵ジャケットの同人メタルのCDたち(著者撮影)

次のページ 
同人メタルとは何か?

1
2
3
4




おすすめ記事