雑学

「買ってはいけないユニクロU 2018秋冬」ワースト5

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第195回目をよろしくお願いします。

メンズファッションバイヤーのMB

メンズファッションバイヤーのMB。「『おしゃれに見える』にはちゃんと理由があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 今回は話題沸騰のユニクロと元エルメス「クリスト・フルメール」のコラボレーション。世界最高峰のデザインを世界最安値で手に入れることができる絶好の機会。メルカリ界隈でも転売で賑わっています……が、どんなブランドでも玉石混交、良品悪品あるものです。今回はユニクロUの「悪品」に特化。「買ってはいけないユニクロU」をお届けします。

インラインのコートと何が違うの??


ブロックテックステンカラーコート 12900円(+税)

ブロックテックステンカラーコート 12900円(+税)「買ってはいけない」と言うと語弊があります。確かにモノもいいし、形もいい、素材もいいし、文句のない一品です。……ですが、こちらをご覧ください。

ブロックテックステンカラーコート 9990円(+税)

ブロックテックステンカラーコート 9990円(+税) こちらはユニクロのインラインで展開されているステンカラーコート。どちらもシンプルなステンカラーデザインで、どちらもユニクロ自慢の透湿防水素材ブロックテックです。この2つを展開する意味って……?

 まず誤解しないでいただきたいのはどちらも素晴らしいアイテムではあります。ブロックテックは雨も寒さもしのいでくれるのに、電車の中や屋内では素早く湿気を逃してくれて不快な蒸れを発生させない高機能素材。アウトドアでいえば「ゴアテックス」のような素材ですが、これが1万円台で手に入るのはユニクロの偉業です。コートのデザインもソツがなく、安っぽい装飾などもない。出来自体には一切文句がないのですが……ほぼ同じデザインをわざわざコラボ商品で出すのはいかがなものでしょう。しかも、3000円ほども値段が高い。

 実はこの2アイテムにおける唯一目立つ違いはサイズ感です。ユニクロUのタイプのほうがかなり大振りなシルエットになっています。着丈でいえばインラインのほうはMサイズで101cm、ユニクロUで108cmなので実に7cmも違います。しかし、肩幅や身幅など全体的にリラックスサイズにしているだけですから、極端な話、インラインのコートをXLサイズなどにしてあげれば、ほぼ近い印象となります。

 もちろん布の量が違うので、必要な生地の量を考えると高くなるのは当然なのですが、だったらXLサイズで3000円安く手に入れた方がお得なのでは……。モノ自体はいいのですがあまりにもインラインとかぶりすぎていて「本当にこれルメールデザインなの?」と思ってしまうくらい。モロ被りで、しかも3000円高いなら、もうやらなくてもよかったんじゃないのかな……。

次のページ 
なんで1000円高いのか説明してくれ

1
2
3
※私が提供しているメールマガジンでは「ユニクロUで限界までおしゃれになる方法」を配信しています。興味あれば是非こちらもご覧ください。

●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事