恋愛・結婚

「ギャラ飲みで大きく稼ぐつもりはない」シングルマザー。一体なぜ?

 従来にはなかった稼ぎ方で大きな利益を上げる女性たち。目まぐるしく変わり続ける世相の流れを読み切り、自らの才覚と努力で驚くほどの結果を残した彼女たちの懐事情とは?
ギラギラ女子のマル秘給与明細

翔子さん(仮名・27歳)

ギャラ飲み参加と開催で本業の営業先を次々開拓!

●翔子さん(仮名・27歳) かつては読者モデルやレースクイーンなどをしていたという彼女。「すごく華やかな世界ではあったけど、実際の生活は苦しくて。彼氏と出会って今のスタイルで稼げるようになってから人生が一変しました」 ===  5歳のかわいい娘を持つシングルマザーの翔子さん(仮名・27歳)は、ギャラ飲み歴7年。現在はOLとして会社勤めをするかたわら、ギャラ飲みでコンスタントに月10万円以上を稼いでいる。 「7割が幹事、あとは呼ばれて都合が合えば参加しています。私が幹事のギャラ飲みはみんな一律1万円で基本的に終電まで。それ以降は女のコも希望した場合のみ、割り増し分をもらって延長します。ギャラはそんなに高くはないですが、連れていってもらう店が客単価3万円なんて店がザラなんで、女のコの満足度は高いですよ」  現在、彼女がギャラ飲みに呼んだり呼ばれたりする間柄の女性は約700人。そのうちの半数が子持ちの主婦で、ギャラ飲み専業は一人もいないとのこと。 「働いてないコは時間にルーズだし、ギャラの上乗せの交渉をしたり、下品なんで嫌。主婦はやっぱり気が利くからおじさん受けもいいんで重宝してます。  とはいえ、男性の多くは若くてかわいいコと飲みたがるので、2対2なら必ず20代前半の美人を連れていくし、総勢10人以上ならかわいいコ、スタイルのいいコ、話がすごく面白いコ……と全体のバランスを意識します。あとは、要望がない限りは毎回、別のコを連れていきますね」  事前の準備からアフターフォローまで参加者の満足度を意識した細やかな気配りを欠かさない翔子さんだが、実はそもそもギャラ飲みで大きく稼ぐつもりはない。
ギラギラ女子のマル秘給与明細

「ラインはコピペではなく、必ずオリジナルの要素を入れます」と連絡にも気を配る翔子さん

「私がギャラ飲みの対価として本当に欲しいのは人脈。その人との縁を昼間の仕事に繋げています。私の彼氏が不動産仲介の会社をしているのですが、興味がある人がいたら、それとなく相談に乗り、顧客になってもらいます。  楽しい飲み会を提供する私自身に好感を持ってもらえれば、強引に営業しなくても簡単に契約してくれます。現在の利益は月平均で約800万円。相手は富裕層がメインなんで単価が高いことが多く、一案件で1000万円以上の利益になることもあります。  最初からバツイチ子持ちの彼氏持ちであることも話しているんで、あとから彼氏を紹介しても何のトラブルもない。こちらから頼まなくても新規のお客さんを紹介してくれることもあります」  こうしてギャラ飲みをきっかけに培っていったネットワークや信頼は意外なほど金銭に繋がると翔子さんは笑う。 「仕事を探しているコには仕事を紹介し、紹介料をいただいたりもします。男女ともきちんとした人を集めているので紹介したり、仕事に繋げたとしても問題になることはありません。普通のギャラ飲みとはちょっと雰囲気が違うかもしれませんが(笑)」  営業ツールとしてギャラ飲みをフル活用する翔子さん。大きな利益を生み続けるその利用価値は決して侮ることができない。

<翔子さんの10月の給与明細>(昼職はのぞく)

・手取り収入 12万円 ・実働時間 30時間 ・勤務日数 12日 ・休日数 19日 ・時間単価 4000円/1h <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事