ライフ

非常勤講師は年収150万円、学会も自腹…大学教員は超格差社会だった

 大学の教員といえば、一般企業よりも高収入というイメージを持つ人もいるだろうが、実は教授を頂点に准教授、助教、専任講師、非常勤講師とピラミッド型の格差社会。博士号を取ったのに専任講師になれない、というポスドク問題が取りざたされた頃から、非常勤講師がワーキングプアであることが当事者側から発信されるようになった。
松村比奈子氏

松村比奈子氏

 非常勤講師の平均年収は教授クラスの約5分の1程度と驚くほど低く、さらに大学側から理由不明の「雇い止め」に遭う例もある。そんな非常勤講師たちの現状を、首都圏大学非常勤講師組合の副委員長の松村比奈子氏(専門は憲法学)に伺った。

早稲田大学の教授は年収1500万円? 一方地方では…

 まず松村氏は、大学教員の年収の格差を次のように話す。 「教壇に立って講義し、テストの作成や採点、さらに卒論の指導など、教員としての仕事内容は同じですが、年収の格差が実にはなはだしいです。早稲田大学では1500万円と聞いているのに対して、国公立での平均は約900万円で、地方の私立では400万円というところもあります。一方、非常勤は専任教員と同じ数の講義を担当したとしても、年収は150万円から200万円です」
授業

写真はイメージです(以下同じ)

 なぜ非常勤講師の年収が低いかと言えば、講義のコマ数で給与が決まるからだという。 「一コマ(90分授業)が2万~3万円。以前は、交通費の出ない大学もありました」  そのため、非常勤講師は複数の大学を掛け持ちして教壇に立つことが多い。しかも1コマ当たりのギャランティは変わらない。なぜこのように低い設定なのだろうか。 「非常勤講師は大学側に、労働条件や値段を聞いてはいけないという暗黙の了解があります。コネ採用が多いので、相手を立てろという無言の圧力もあります」  非常勤講師の仕事は公募もあるが、紹介によって決まることが多いそう。専門職に特化した求人サイトや紹介業がある中で、大学の教員の世界は旧態依然としているのだ。

学会には自腹で出席

 さらに非常勤講師は、自腹を切って学会に出席することが当たり前だという。 「専任講師は大学側から学会費や交通費などの援助があります。ところが非常勤はそれがないので、自前で参加です。学会の年会費だけでも平均1万円以上です」  複数の学会に登録すると年間6万円以上になることもあるそう。それでも学会に参加する目的は何なのか。 勉強「学会参加は研究者であることの必要条件です。見識を深めることはもちろん、人脈を広げたいというのもありますね。専任教員の採用は、必ずしも実力主義によってではなく、コネや関係者の相性で決まることもざらです。  そのため学会後の懇親会は、平均6000円ほどの参加費がかかりますが、人脈獲得に欠かせないものです。遠方で学会があるときは、宿泊費を節約するために、日帰りで強行参加することもありますが、それでも自分への投資と割り切っています」
次のページ 
ワーキングプアの深刻化は研究者のプライドが影響?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事