デジタル

Zoomで活躍する2つの小技。スッピンでもメイクしている風…

 新型コロナウィルスの影響で、Zoom飲みの人気が急上昇中だ。いつもの友達同士で飲むのもよし、久しぶりの地元の友達と絡むもよし、実家とつないで安心させるもよし。そこで、場を盛り上げる便利な2つの技を紹介したい。

Zoom飲みする時に、女性に変身したり、背景を変化させたりすれば、大盛り上がり

「Snap Camera」ならリモートワークの女性がノーメイクでもOK?

 1つ目が「Snap Camera」。Windows PCもしくはMacで自分の顔の映像に様々なエフェクトをかけられるアプリだ。顔を変形させたり、涙を流させたり、ハエが飛び回っていたりと、大量のエフェクトが用意されている。  メイクアップするエフェクトもあり、リモートワークで女性がノーメイクでもメイクしているように見せられるということもあり、ビジネスシーンでの注目度も急上昇中。ただし、操作ミスで会議中にお偉方がポテトになって戻せなくなったという事例もあるので注意しよう。  アプリをインストールしたら、Zoomのビデオ設定から「Snap Camera」を選択する。うまく動作しない場合は、PCを再起動しよう。「Snap Camera」に切り替えられれば、「Snap Camera」で選択したエフェクトがZoomにも適用されるようになる。

「Snap Camera」をインストールする

「ビデオの停止」の横の矢印マークから「Snap Camera」をクリックする

「Snap Camera」アプリで適用したいエフェクトを選択する

Zoomの映像にも適用される。画像は「My Twin」を適用

「Snap Camera」に用意されているエフェクトの中でも、笑いを取れたエフェクトをいくつか紹介しよう。まずは、鉄板の「Potato」。ポテトのようになるのだが、目や口、動きはカメラの映像をトレースするので、キモかわいいのだ。同じ感じでキュウリになる「Pickle Me」も面白い。  ほかには、髪を伸ばして髭を消して、目をパッチリさせて女性のように見せる「My Twin」もユニーク。どんなおじさんがチャレンジしても、「あーこんな人いるかも」と笑いを取れること請け合い。他にも若返ったり、サングラスをかけたり、ゲームのキャラクターに扮したりと、ユニークなエフェクトがたくさんある。時間のあるときに、あらかじめお気に入りのエフェクトを探しておこう。  ちなみに、「Snap Camera」が顔の輪郭を認識しているので、飲み物を飲んだり、顔に手をやるとエフェクトが解除されるので注意しよう。

じゃがいもに仮装する「Potato」

水中にいるような「SNORKLE」

次のページ
失敗しない仮想背景機能の使い方は?
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事