第160回

4月4日「インドアでサバゲー」

・アシッド社のデジタルシネマ撮影を見学した。まず、そのロケ現場が面白かった。麻布のバード東京というお店なのだが、バースペースから見下ろせる半地下に映画のセットのような空間がある。『ペイントボール』のプレイフィールドだ。赤いインクが封入された弾丸で撃ち合いをする新スポーツ、つまり限定されたスペースでのサバイバルゲーム。弾は30発のみ、わずか30秒程度で決着がつくというものである。ちょっとだけ遊ばせてもらったけどこれ多人数でやると無茶苦茶熱くなりそう。

・さて撮影ではグラビアアイドルの内田さやかさんと花井美里さんが撃ち合いをしていて、局部的にTHE大美人な感じだった。ハイビジョンでこういうクリップやショート・ムービーを量産してゆき、DVD発売やオンライン配信など様々な方法で公開していく試みらしい。『Babystyle』というシリーズタイトルで、DVD第1弾は6/10発売予定。


4月5日「孫正義と水野美紀と渡辺浩弐」

・集英社にて打ち合わせ。やりたいやりたいと騒いでいたネット小説の連載が決定したのだ。同社j-BOOKSサイトで、4月末から。タイトルは『晴れときどき女子高生』。挿し絵はあの岡崎武士先生が毎回描きおろし。

・この企画を進めて下さってる集英社の野村武士さんは同郷の2年先輩で、中学生当時からよく知っていた(福岡の片田舎の中学だけど、他に孫正義さんや水野美紀さんもここの出身である)。ちなみに以前紹介したスクウェア・エニックスの田口さんは1年先輩。この3人は小学校も、それどころか以後進学した高校も同じだ。僕が1年生の頃、3年にいた野村先輩はクイズグランプリ高校生大会に我が校代表で出場して見事全国優勝した。

4月6日「仕事しよう」

・岡崎武士さんと遠野ヤマさん、そしてスクエニ社の熊さんと『プラトニックチェーン』関係の世界観、特にビジュアルイメージの打ち合わせ。渋谷の風景、ケータイの形状、登場キャラクターのファッション等。僕の任務はシミュレーションであり、そこから先は絵描きさん達の才に委ねる形になる。

・その後、遠野さんを連れ回転ドアを見学に。遠野さんは六本木ヒルズどころか東京タワーも知らなくて(本当!)それはそれで凄いと思った。*遠野さんと一緒にやっている「Gファンタジー」誌の連載、好評のようで続くことになりました。18日発売号から復活。新機軸で行きます。

4月7日「羊」

・若い頃、海外をふらふらしていた時期があった。別に正義感を持ってジャーナリストをやっていたわけでもボランティアをやっていたわけでもなく、むしろ現地のチンピラに近い状況。そういう時、経済的に追いつめられてくると、非常に悪い考えがわいてくる。

・その悪い目線で日本人観光客の緊張感のない顔を見ていると、チョロイぞこれは、と思えてしまって仕方がない。アジア人だらけの場所でも日本人だけは、どんなぼろぼろの服を着ていても汚れていてもすぐにわかる。自分は悪いことなんか何もしてないから絶対にひどい目には遭うはずはない、と、そう信じ込んでにこにこきらきらしているから。

2005.12.16 |  第151回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。