第351回

2月24日「冬吹っ飛ぶ」

・春を探しに(というか虫採りに)山に行ったらいきなり信じられないほどの吹雪。ろくな準備もないまま閉じこめられる。ひー。なんとか戻ってきたら東京は突風で花粉激しく舞う状況。ひーひー。

08030201.jpg

2月25日「奇跡の詩人こっくりさん説」

・山小屋に『こっくりさんはなぜ当たるのか』(安斎育郎著)という本が置いてあって、読んでみたらとても面白かった。学者としての立場から、潜在意識そして予期意向の発露現象としてこっくりさんのことを解説しているものだが、最終章でこれがいきなり『奇跡の詩人』騒ぎについての分析になるのだ。

・『奇跡の詩人』についてご存知なければ検索してみて頂きたいのだが、脳障害の子供が、母親の手を借り文字盤の上にものすごいスピードで高度な文章を書いていく過程がNHKで特集されたものである。この現象を「こっくりさん」と関連させる解釈自体が、あの不思議な商売への容赦ない批判になっているのである。

・あの時の騒ぎは、今思えば、テレビのオカルト番組について、あるいはメディア時代の親子関係について、時代を先取りした問題提起だったのだ。

2月27日「しょこたんは名誉会員に?」

・中野ブロードウェイ商店会事務所に行く。そういえばまだ入会していなかったんだった。

・スタッフの方々がちょうど海外のテレビメディアに応対されているところだった。マスコミでは割と知られていることだが、ここの商店会は取材対応などとても親切で丁寧で、評判がいい。中野ブロードウェイは90年代以降、オタクの園としてのイメージもうまくプレゼンテーションしてきた。そのおかげで新しい成長を遂げてきたわけである。

・ところでしょこたんにはすごく感謝しているとのことである。彼女のおかげで一般層、特に女性客が来訪しやすい場所になった、という。そういえば最近はフィギュア系のお店が女性向けのドールもたくさん扱うようになったりと、微妙な変化が見受けられる。

2008.03.02 |  第351回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。