第361回

4月28日「ごめんなさい」

・新刊『2999年のゲーム・キッズ完全版DX』が今日、刷り上がってきた……のだけど、僕の我が儘で、また発売日が伸びることになってしまった(5月15日)。読者の皆さん、そして講談社さん、本当に申し訳ない。この1冊は、100%で出したいんです。

・25日、KOBOカフェでTAGROさんと二人で、『2999』発売記念にサイン会的な何か、やります。えぐーい話をメソメソ語り合うことになりそうで、女人禁制にするべきという意見も出ている。

4月30日「ゴールデンウィークは」

・KOBOカフェの最終準備。両替にお金がかかることをはじめて知ったり、レジの特訓したり、渡辺浩弐UFOコーヒーを仕込んだり、乙さんが床の隙間に落としたスルメをかぎ針で拾い上げたり。もしお客さんが入らなかったらBERRYZを頭につけてBERRYZ KOBO CAFEにすれば大繁盛するかもと無駄なことを思い付いたり。

5月1日「カフェを開きましたよ」

・KOBOカフェ、講談社BOXファンクラブ会員向けに限定オープン。朝から中野ブロードウェイの廊下に行列ができていて、開店即満員で、ちょっと慌ててしまった。並んでいたのにすぐには入れなかった人もいて申し訳なかった。

・とても忙しかったので結局僕も一日カウンターに立っていた。延々とコーヒーを淹れていると神経が研ぎ澄まされていく。自分は一体何をやっているのか何をやろうとしているのか、そんなことはどうでもよくなっていく。カフェは、ついでに立ち寄る場所、かりそめの場所であり、目的地ではない。そこがいいのである。

08051001.jpg

2008.05.10 |  第361回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。