第381回

9月20日「乗ってみたかった」

・前回からの続き。沖縄にいるところに、台湾行きの話とびこむ。じゃあ目と鼻の先だしパスポートも持ってるしこのまま行ってしまおう。沖縄-台湾って船でも行けちゃう距離で、フェリー航路があったはず (たしかオウムの逃亡犯が国外脱出に使おうとした手段だ)。と、調べてみたら、今年の6月に運航休止になってた。原油価格の高騰のせいでフェリー会社が倒産してしまったらしい。日台交流の糸が一本切れたようで、寂しい。

・こういうところを、政府もサポートしてあげればいいのに。日本と台湾は、オタク仲間として仲良くすればいいと思う。尖閣諸島あたりを著作権特区のフリーポートにして、ニコ動ランドを作るとか。麻生たんどうでしょう。

9月21日「僕らと同じかも」

・前回紹介したマンガ共有サイト「ComiComi」では、「年輕時所犯下的錯誤(若さゆえの過ち)」というタグで祭りが始まっていて、これがとても面白い。

・つまり子供の頃にかいた作品を痛さ覚悟で見せあうっていう企画。今の台湾の若いクリエーターが少年少女時代にどんな作品に影響を受けて創作をスタートしたか、よくわかる。言葉や地域の壁を超えて、いきなり共感できたりする。この企画に他の国の人達もどんどん参加するようになるといいなあ。

9月22日「行ったり来たり」

・いったん東京に戻り、講談社BOX太田さんと一緒に、成田に。そしてあっというまに台湾。ComiComi@全力出版のリン社長がわざわざお出迎え。恐縮。

・台湾の若いクリエーターの文化的「育ち」を知りたい、と言ったら、かのVOFAN氏に会わせてくれるということになった。感謝。

08092701.jpg

2008.09.27 |  第381回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。