第430回

8月22日「秋到来」

・飼っている鈴虫数十匹が突如同時に鳴き始めた。それに呼応して庭に野生の鈴虫も集まってきた。その音色は微妙にシンクロしてやがて一個の巨大な破鐘を打ち鳴らすような大音響となった。うるさく感じられないことは不思議だ。

8月28日「突出するシーン」

・「国際3Dフェア 2009in TOKYO」実行委員会の定例ミーティング。10月22日からのイベントにいくつか出演することになった。若いクリエーター、それも他ジャンルから「3D」というテーマで映像業界に斬り込んで来ている人達と、いろいろな話をしてみたいと思う。

・ライブも、双方向も、今はネットで出来るのだが、3D映像については今のところはやはりイベントに来て先端ハードウェアに触れてほしいと思う。ただし、3Dの生放送もそのうちに一般化するだろう。ハードの家庭への普及を待つ必要はない。現場から、3D対応の映画館に衛星配信するのだ。

9月1日「引っ越し」

・オフィスの引っ越し中。今まで、中野ブロードウェイのカフェで執筆作業や打ち合わせを、神楽坂のオフィスで会社の事務仕事を、東西線を行ったり来たりしながらやっていた。中野ブロードウェイ内の別の場所に割と広いスペースが見つかったので、オフィスもそちらに引っ越してしまうことにしたのだ。

・カフェのニコ生システムに、オフィスに置いてある映像編集機材を直結することができる。今後、新しい放送の実験をいろいろやってみようと考えている。打ち合わせやブレストの風景なんかも、生放送してみようかな。

09090601.jpg

2009.09.06 |  第421回~

PROFILE

渡辺浩弐
渡辺浩弐
作家。小説のほかマンガ、アニメ、ゲームの原作を手がける。著作に『アンドロメディア』『プラトニックチェーン』『iKILL(ィキル)』等。ゲーム制作会社GTV代表取締役。早稲田大学講師。