大阪・ミナミに突如出現。コスプレタワーで飲み尽くす

 大阪は夜遊び界にとって常に斬新なアイデアを提示してくる街であり、それはやがて東京に流れてくるのが常だ。夜遊びガイドのO氏も「ミナミにとんでもないビルができたので見てきてほしい」と言うので、すぐさま新幹線に飛び乗った。

 アジア系の観光客でごった返す道頓堀。グリコの看板前や、戎橋のたもとのたこ焼き屋台やラーメン店は一様に行列で、ボリュームの大きい外国語が飛び交っている。

 そぞろ歩きしていると、外国人たちが立ち止まり、中の様子を伺い、撮影をしている場所が。

ある夜、ビルの片隅で「ある夜、ビルの片隅で」と大書きされた看板。一棟の壁が巨大でド派手なアニメのイラストで埋め尽くされている。これが例の……おののく俺。恐る恐るドアを開けると、ポップな内装の部屋に、さまざまなコスプレをした女のコがわんさといるではないか!

極めし者の巣窟!? ビル一棟がコスキャバ

ある夜、ビルの片隅で

左からひなちゃん、ななり~☆ちゃん、ちゃこちゃん、密秘ちゃん。常時15人ほどのレイヤーさんたちが集まっているから圧巻だ

「いらっしゃいませ」。執事風でイケメンの店長氏が極めて冷静にシステムを説明してくれる。

「ビル一棟がコスプレキャバクララウンジとなっており、まずは1階のバーでレイヤーのコを吟味しつつ、気に入ったコがいれば、2~4階に上がり、お話できるシステムとなっております」

ある夜、ビルの片隅で

1階のバーでトレーディングカードを見ながら吟味し“召喚”

 客はここでは尊敬の念を込めて「タニマチ」と呼ばれ、“彼女たちの夢を応援する”というミッションを授けられる。そう言えば、お隣は「谷町」。タニマチの語源となった町だ。“夢を応援する”というコンセプトはおじさん冥利に尽きるが、コスプレ女子と話すのには慣れていない。ドギマギしていると、次から次へとレイヤーたちが挨拶にくる。

ある夜、ビルの片隅で

男性店員さんたちもレイヤーで驚く

ある夜、ビルの片隅で

2階に上がり乾杯する

 何のコスなのか皆目見当つかないが、そんな俺の動揺を見透かしたのか、スマホで「オリジナルキャラ」を見て、今日のコスに対する思いの丈を語ってくれるのが嬉しい。俺は漫画『デスノート』(これくらいは知っている)のミサミサコスの、ななり~☆ちゃんと、ゲーム『プリパラ』の白玉みかんコスの密秘ちゃんを“緊急召喚”(=場内指名)。ここでは指名は召喚、出勤は参戦、退勤はコンプリートなどコンセプチュアルな専門用語が飛び交い、独特の世界観に浸ることができる。

 上のフロアに繋がる階段は、迫力あるオノマトペで埋め尽くされており、テンションが上がる。

ある夜、ビルの片隅で

階段はオノマトペで埋め尽くされアートな空間に

ある夜、ビルの片隅で 2階のラウンジではゆっくり腰を落ち着けてトーク。レイヤーさんたちは常日頃から暑がりだそうで「夏場はヅラやコスチュームで蒸れて、ぶっ倒れそうになった」(ななり~☆ちゃん)と「コスプレ裏話」を披露。デスノートと関西人ノリのギャップが萌える。すっかり打ち解けたところで、カラオケのお誘いが。アメリカ人アーティストが手がけたというクールな壁画が目玉の最上階の「宴の間」に移動。俺でも知っているエヴァンゲリオンの名曲「残酷な天使のテーゼ(’95年)」を一緒に熱唱し、声をからした。

ある夜、ビルの片隅で

宴の間では一緒にカラオケで盛り上がろう。レイヤーさんたちのTwitterをフォローし、LINEを交換するのが、流儀だ

【ある夜、ビルの片隅で】
住:大阪府大阪市中央区宗右衛門町2-17
電:06-6214-9000
営:19時~LAST
休:月
料:60分5000円~(1Fのバーはノーチャージ、ドリンク500円60分制)
通称「あるので」という呼び名で親しまれるミナミの新ランドマーク

ある夜、ビルの片隅で撮影/加藤慶(Studio KEIF)協力/O氏(夜遊びガイド)

苫米地某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事