タマに行くならこんな店!? ニューハーフクラブで新境地を開拓【後編】

←【前編】はコチラ

笑いと涙、艶やかなショー

Reve

ショータイムは一日最大3回、約30分の演技が行われる。演目は3か月に1回刷新。1か月の始業前の猛レッスンによって、ようやく完成するそう。衣装は豪華絢爛、笑いあり、涙あり、お色気ありの演出には思わず立ちあがるほど

 客席を見渡せば女性客もちらほら。男女のグループでワイワイできるのが、キャバなどと違ったところか。

「女性グループや、女のコ一人で来るお客さんもいるの。恋愛相談とか、アッチの相談とか、普段話せない下ネタとか、なんでも話せるのがニューハーフのいいところなのかしらね」とは恋華ママ。

Reve キャストが一旦席から離れる。しばらくすると、照明がスッと落ち激しいビートの音楽が。ドレスから早着替え、真っ白な衣装に身を包んだ“女のコ”たちがフロアを所狭しと踊る。一糸乱れぬフォーメーションは1か月の練習のたまもの。

「お店が始まる3時間前に集まってのダンスレッスンは、二日酔いの時でなくともゲロ吐くほどキツわ~」と、かのんちゃんは笑い飛ばしていたが。多くて1日3回、各30分のショーをこなして、ガンガン飲んで喧しい。その体力にはまったく驚かされる。

 “同性”ゆえの気安さか、キャバより遥かに気楽で財布に優しいのもうれしい。

 齢四十にしてハマりそうな予感。

Reve【ニューハーフクラブ「Reve」】
新宿区歌舞伎町2-38-1 三味ビル1F
電:03-5285-8883
営:19時~ラスト
休:火曜 3000円(60分・ウイスキー・焼酎飲み放題・税別)
●ショータイムは19時半~(一日最大3回)・時間変更の場合アリ※要確認
※「SPA!見た」で生ビール1杯サービス

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事

新着記事

バックナンバー