妖艶かつ絢爛。銀座の真ん中でポールダンスを嗜む夜

「日本を動かす男たちの社交場」。銀座はそんな言葉で例えられるように一流の男の遊び場だ。

 40を過ぎたオッサンにでもなればそんな場所に馴染みの店でも持ちたいものだが、なかなか懐は一流になってくれない。

「今、銀座は明らかに変わっています」と語るのは、お馴染み夜遊びガイドのO氏。一等地にもかかわらず、リーズナブルな店が増え、ガールズバーがポツポツと火を点し始めており、敷居はずいぶん下がっているという。

 新橋寄りの8丁目。高級クラブのお姉さま方がドレス姿でお見送りするすぐそばで、手書きのポップな看板を持ち、酔客に目配せするガールズバーの小娘がいる。

 踵を返せば、銀座に似つかわしくないド派手なオレンジの店舗。アメリカ発で都内でも出店攻勢が続く「フクロウ印」のアノお店も。

銀座の地下に広がるド派手な異空間

妖艶かつ絢爛。銀座の真ん中でポールダンスを嗜む夜

看板ダンサー「Yah☆ダンサーズ」の3人。左からまりえちゃん、37☆(さな)ちゃん、福ちゃん。ポールに絡みつくようでキレのあるダンスは他を圧倒する

「老舗店と新参店が交わる銀座8丁目一帯が今一番アツいんですが、“フクロウの店”よりも注目を集めているスポットがあるんです」

 その店は地下にあった。日の丸と富士山をモチーフにした銀座には似つかわしくないド派手な看板。階段を下り、重い扉を開けると、異空間が広がっていた……。

「いらっしゃいませ~!」

 ヒップホップの重厚な低音が体の奥まで響くなか、水着の女のコがカウンターにズラリ。男性客が前のめりで女のコとの話に興じている。カウンターに入りきれなかったコたちはフロアを闊歩しながら視線を投げかけてくる。妖しく、熱い。異国の盛り場にでも迷い込んだような雰囲気に圧倒されていると、カウンター席に案内された。

妖艶かつ絢爛。銀座の真ん中でポールダンスを嗜む夜

カウンター内には女のコがぎっしり。在籍は80人でほとんどがポールダンサー。「日本一ポールダンサーが在籍する店」を謳う

「ここはガールズバーなんですけど、ショータイムがあるんです」

 乾杯してくれたハーフ美女のRちゃんに説明を受ける。確かにステージがあり、店のあちこちにポールが設えられている。

妖艶かつ絢爛。銀座の真ん中でポールダンスを嗜む夜 一杯目の酒を舐めると同時に店の照明が暗転。ギラギラと光を放つミラーボール。カウンターやフロアにいた女のコたちが舞台に上がると、ポールダンスショーが始まった。銀色のポールに絡みつく女のコ。妖艶かつアクロバティックな演技に思わず見惚れてしまう。

 さらにアップテンポな音楽に変わると、舞台袖に控えていた女のコたちが一斉にテーブルの上に。顔が当たるのではないかと思うほど近距離でのダンス。飛び散る汗は甘美な水だ。どこを見ても水着姿の女のコ、女のコ。圧巻である。あらかじめ買っておいたドル札を模したチップを細く畳み、ビキニの紐に挟んで返礼をする。

「女のコはほとんどがプロのダンサーで、ポールダンスの世界大会で優勝したコもいるんですよ」

 と前出のRちゃんが言うとおり、セクシーでハイレベルなショーは満足度が高く「銀座の新社交場」となりそうな予感がする。

【YAH☆TOKYO】
中央区銀座8-5-15 SVAX銀座ビルB1
電:03-6280-6288
営:20時~LAST
休:日 6000円(60分)~、 指名料2000円●ショータイムは1日2回(要問い合わせ)
「SPA!見た」で60分3900円(1ドリンク付き、税+サ込み)のサービス価格でご案内!

撮影/渡辺秀之 協力/O氏(夜遊びガイド)

苫米地 某実話誌で裏風俗潜入記者として足掛け5年。新天地でヌキを封印。好きなタイプは人妻
苫米地の他の記事

新着記事

バックナンバー