電気グルーヴ「若いときの自分らを今見ると、ほぼ他人です」 26年の軌跡を振り返る

その圧倒的な音楽性と破天荒なパフォーマンスで唯一無二の存在であり続ける電気グルーヴ。日本のテクノシーンの牽引役である石野卓球と役者としても評価を高めるピエール瀧が歩んできた“26年の軌跡”はこの冬、映画となって我々の脳天を直撃することになるのだが……。この映画化は彼らならではの“悪ふざけ”なのか、誰もなしえなかった究極の“たくらみ”なのか――。熱狂的な電気グルーヴファンを自任する渋谷直角が迫った!

電気グルーヴ『DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~』電気グルーヴの26年の活動をまとめあげたドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE?~石野卓球とピエール瀧~』(大根仁監督)が間もなく公開される。今でこそ別々のフィールドでも活躍する2人だが、それぞれの目に“原点”はどう映ったのか? 関係者コメントなども交えながら銀幕の中に登場するのは、貴重な過去のライブシーンや楽屋での2人の素顔、そして異常なまでの「仲のよさ」だ。

――ライターの渋谷直角です。よろしくお願いします。

卓球:あ、マンガ(※)読みましたよ。めっちゃ面白かったです。

※今年発売された渋谷直角氏の著作『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』

――わっ。ホントですか!

瀧:マンガも描かれてるんですか。

卓球:(瀧に)ホント面白いよ。

――う、嬉しいです。今回の映画ですけど「電気グルーヴはカッコいい」っていうのがすごく伝わるなと思いました。今まではバンドのカッコよさが、なかなか世間に伝わりきれてない部分もあったと思うんですが。

卓球:最初は悪フザケばっかりでしたからね。自分らでも「そりゃ伝わらねえわ」っていう(笑)。

瀧:ラジオやってるようなキャラクターと、ヨーロッパでライブやるみたいなのと、自分らでは分け隔てはしてないつもりなんですけど、同時に噛み砕いてくれる人はあまりいない。そういう部分を、大根さんが翻訳してくれたというかね。

――この企画はどういう始まりだったのでしょうか?

卓球:自宅を掃除していたらVHSのテープが段ボール箱3つぐらい出てきたんですよ。初期のライブとかテレビのやつの。「このままだと次の大掃除で捨てちゃうな。それも少しもったいない」と思って、事務所に持ってって「デジタルに起こしてよ」って。そのときに「これで映画作れば?」「いいっすね」と冗談みたいなノリだったんですけど、結果、ほんとにできちゃった。意外にちゃんとした形で(笑)。

――監督が大根さんというのは、お二人の希望だったと聞きました。

瀧:素材が膨大じゃないですか。だから時代感とか僕らの立ち位置とか全体がある程度わかった人じゃないと、VHSを見て「これはこういう意味です」と毎回説明するのもシンドイでしょ。だからそこを理解しつつまとめてくれそうな人って、大根さんしか思いつかなかったですね。

卓球:大根さんの視点が客観的だから、すごくよかったですね。むりやりドラマチックにしようとかでなく、そのまま。

瀧:ドキュメンタリーって作る側が自分の思いを入れすぎちゃうときってあるじゃないですか。それがないので。その客観性が、自分でも観ててそんなに恥ずかしくならないところですね。

――初期のお二人の悪ガキっぽさはビースティ・ボーイズに負けてないというか、やっぱ最初からカッコいいなって思いましたよ。

卓球:それはビースティ・ボーイズに失礼(笑)。

瀧:まあ、21とか22歳の頃なんで。今48歳じゃないですか。今見ると、ほぼ他人ですよ。「若いコがイキって頑張ってんな」って感じ(笑)。

――過去のライブのMCで言ってたこととかは覚えているんですか?

瀧:そのときのノリで喋ってるからあんまり。今回見てみて、「あ、こんなこと言ってたっけ」っていう。まあロクなことは言ってないんだろうなっていうのはありましたけど、ヤバいこともそんな言ってなかった。

――え、そうですか!?

瀧:まぁ僕らの感覚でっていう(笑)。

卓球:チェックは通ったんだろうね。

瀧:そうでしょう。会社のね。

 このあとインタビューはまだまだ続きますが、その模様は12/15発売の週刊SPA!に掲載されているインタビュー連載『エッジな人々』をご覧ください。<取材・文/渋谷直角 撮影/齋藤清貴 スタイリスト/上野真紀(Upward) Maki Ueno(Upward) ヘアメイク/SHUTARO(vitamins)>

週刊SPA!12/22号(12/15発売)

表紙の人/ 電気グルーヴ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール

青春の最後の最後の残りカスのなかでもがき苦しむover35男たちの人生迷走曲!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中