軍オタの“おねだり”に手を焼く自衛隊員たち。備品や私物まで勝手にお持ち帰り!?

鉄オタの迷惑行為が報じられる機会が多くなったが、軍オタも実は負けてはいない。自衛隊の敵は北朝鮮でも中国でもなかった――モラルをわきまえない迷惑な軍事オタクの実態をリポートする!

【おねだり型】自衛隊の備品や隊員が持つ私物を欲しがる軍オタ


自衛隊の備品や隊員が持つ私物を欲しがる軍オタ【おねだり型】

(画像はイメージです)

 見学者に配られる記念グッズでは飽きたらず、自衛隊の備品や隊員が持つ私物を欲しがる「おねだり」型の軍オタに手を焼いている。隊員の個人所有物や備品を盗む輩も。完全に犯罪だが、場合によっては任務に支障をきたすこともあり得るので言語道断だ。

「体験航海や艦内見学の際、何度もお見えになる“常連さん”から、『その名札、官品ではない私物でしょ? また作ればいいじゃん!』とか言って引っ剥がそうとします。あげないと艦内に居座る勢いです。渡して帰ってもらうしかない」(護衛艦乗組員2尉)

「護衛艦の見学日に、幹部以上、全員の名前の入った色紙を作ろうと、あちこち艦内を歩きまわる軍オタがいた。順路を無視して動くので、ほかの見学者には大迷惑」(護衛艦乗組員1曹)

 いくら隊員の自費購入とはいえ、部外者に渡せない名札や部隊名入り帽子とは違い、誰に渡しても差し支えないものもある。ピンバッジや名刺の類いだ。

「名刺を渡すと頻繁にメールを寄越してきて、SNSで友達申請される。いちいち対応していたらキリがない」(元潜水艦艦長・2佐)

 とはいえまだ私物の範疇なら隊員が我慢すれば済む話だ。国民の血税で購入した自衛隊の備品を持ち帰ろうとする輩もいるという。

 自衛隊の募集や広報業務を担う、地方協力本部勤務の3曹が明かす。

「陸では、『○○中隊』と書かれた表札、掃除道具、海では双眼鏡、空では整備庫内に置いてあったドライバーを持ち出そうとする者もいました。窃盗事案ですが、皆、『自衛隊が好きで記念に持ち帰りたかった』というので大ごとにはしませんでしたが」

 なかにはトイレに入った際、用具庫を開けてトイレットペーパーや掃除用具を持ち帰ろうとした者もいたというから驚きだ。

自衛隊の備品や隊員が持つ私物を欲しがる軍オタ【おねだり型】

(画像はイメージです)

― [軍オタ]に自衛隊が困っている! ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中