医者の男が教えるセックスは本当に気持ちいいのか?――鈴木涼美の『おじさんメモリアル』

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは自らを饒舌に語るのか』(青土社)、『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』(幻冬舎)などの著作で「性を商品化する」女性たちの内面を活写し注目されている文筆家の鈴木涼美が、「おじさん」をテーマに連載する「おじさんメモリアル」第10回。

医者の男が教えるセックスは本当に気持ちいいのか?――鈴木涼美の『おじさんメモリアル』【第10回 ドクター、ストップ!】

 ちょっと値段設定高めの夜職のオネエサンたちが必ず一度は口にするぼやき。「世の中めっちゃ医者いるな」。そうですね、なんかキャバクラでもクラブでも、高級デリヘルやら交際クラブやらSMクラブでも、お医者さんってほんとよく見かけますよね。医師不足とは言え日本中には30万人の医師がいて、医者ってだけで限度額がとんでもないカード作れたりするわけなので、まぁそんなに不思議ではないけど。

 当然、お医者様にもいろいろいて、過疎な村のご老人たちの面倒を一挙に引き受けている人からドクターカーを乗り回して寝る暇もなく救急医療現場を渡り歩く人もいる。しかし、そういう人はあんまり銀座のクラブでブラックカードをシャキーンとか出したり、コンラッドで高級デリヘル2時間延長したりしないので、夜のおねえさんたちが出会いがちなお医者はどちらかと言えば、まぁもちろん医学部入った当初の志は高く、診察中は心から患者様のことを思って、世の中ひとりでも多くの人の命を救いたいと思っているのでしょうが、オフはオフで充実させたい、またできれば命をすくいながらそれなりにお金儲けにも余念がない、といったタイプのドクターたちであります。

 で、別にお医者になるのって大変なんだろうし、ワタクシたち人間、お医者さんにソッポ向かれたら膀胱炎ひとつ治せないし、どんなにえらい人もお医者にだけは頭があがらないし、ちょっと威張るくらい全然いいわけです。医師の息子が高校とかで威張ってるのはうざいけど、本人が医師の場合、威張ったぶん、病気になったらよろしくね、そしてヒルドイド軟膏とか差し入れてくださいね、安くケミカルピールできる美容外科の先生紹介して、とこちらもお医者様のお客様を持つ身としてそれなりに特権を享受しようとするわけだから。

 ただし、まあ結構威張ってるし金持ちぶってるし、おねえさん側としても、ちょっとは話のネタにさせてもらいたい。その場にお医者さんがいない時にちょっとした話題になりがちなのは、題して「身体を知り尽くしているお医者さん、果たしてセックスは上手いのか」である。これは、非・お医者のお客や非・お医者の彼氏なんかからも、たまに聞かれることがある。

 これ、なかなか残酷なテーマです。基本的にセックスの良し悪しって、その人がイケメンかどうか、愛してる人かどうか、経験値によるセンス、雰囲気、流れ、お酒の決まり具合、声の色っぽさ、言葉の嬉しさ、ベッドの寝心地、などなどいろんなバイアスがありまして、クリトリスの機能がどうの、小陰唇はここを指し、乳房の中の筋肉と脂肪がうんぬん、とかっていう知識と、そんなに関係あるわけじゃない。セックスって言わば運転や料理みたいなもので、考えるな感じろ系の話なので、ヴァギナの内側、入り口から約3センチのところに女性の喜ぶツボがあり、クリトリスをそれなりに刺激した後に内側からそのスポットをどうのこうのなんて考えてオンナ抱いてたら日が暮れる。

 だから、お医者だからってセックスの下手を責めたりネタにしたりすることはちょっと可哀想だとは思うのだけど、それでもやはり、身体の識者としてのハードルがあがる部分はある。これは、私の横浜在住時代の知人、ベッピン美人なのに何故か大衆風俗出身の変わり者アキナさまのお話です。

 川崎のピンサロから黄金町のヘルスに移籍、その後は良く言えば愛人業、悪く言うと裏ッピキで生活するアキナは、当然お医者のお相手は少なくない場数を踏んできた。とある陽気な日曜日、パパ探しに登録している高級デリヘルの要請で、彼女は錦糸町のラブホテルにいた。90分12万とか支払う割には、なかなかシケた場所のチョイス……とか思いながらその場へ向かうと、まあラブホテルの中ではそれなりに良い部屋に、某大学病院の産婦人科の先生がウキウキと待ち構えていた。

 アキナは、すっきり整った美人ではあるものの、長年の風俗経験からなのか、もともとそういう変化を孕んだ顔なのかは知らないが、年齢とともに、口周りがちょっと全方向に出てきた。これは私の人生の師でもある現役キャバ嬢ライターのユイ姉さんが提唱する説なのだが、本数をこなす風俗嬢たちのうち、買い物依存や整形依存、ホスト依存など、長期に渡って極めて頻度の高い出勤を繰り返している者は、少しずつではあるものの、鼻下から顎上くらいの言ってみればクチビルの周囲全体がちょっと盛り上がってくる。これを、ユイ姉さんは風俗ウータン(オラウータンの略?)口と呼ぶ。で、まあアキナはその風俗ウータン口の持ち主である。

「いらっしゃい。写真見てからずっと会いたかったよ。あ、でも少し写真より子供っぽいイメージだね」

 写真というのはそのデリヘルHPの修正写真(目線なし)のことであろう。言っておくけど鼻下からボディラインの写真、しかも綺麗に修正済みのものなんて、誰を撮ってもそんなに変わらないものである。ただし、ウータン口がやや進行する前の写真を使っているアキナは、鼻下写真にはやや自信がないそうだ。

「わたし写真詐欺ですか? イメージと違います?」なんて殊勝に聞き返すのは、そのせいである。「いや、可愛いよー。とりあえず、ビール飲みなよ。あ、お酒飲める?」なんてどうでもいい会話をしながら、そのうち産婦人科はサカって、アキナはとりあえずシャワーを提案した。

 産婦人科は極めて礼儀正しく、シャワーでも嫌がることなく全身洗われ、ベッドに誘導したアキナを左腕で抱きかかえてチューしたまでは問題なかったのです。一通り文字通りなリップサービスと舌サービスをした後、今度は産婦人科が、ホテル備え付きのマッサージ器など使いながら攻めだした。そんなことは風俗歴7年のアキナからしてみれば何の変哲もないとある陽気な接客シーンである。

 しかしそこからヒートアップした産婦人科は、アキナの両脚の間に侵入し、レインコートも防災頭巾も付けていない男性自身を、女性自身に押し付けてきた。

「こらぁ❤ ダメですよ」

 まぁそんな光景ですらアキナにはとある陽気な午後である。そもそも90分12万なんていうお金払って、おちんちんを女の股間にスリスリするだけで満足する客なんて滅多にいないし、統計上、本当に本番行為をしない非本番風俗嬢は2割に満たない(涼美の勝手な統計であることはさておき)。

「わかってる。プラス2万でいい?」
「うん、それはいいけど、あれ、つけてください」

 風俗嬢の主張。どうせ乳頭からクリトリスまで舐められるのだから、もはや男性自身が穴を通過しようがしまいがそれはちょっとどっちでもいいし、その分オカネが手に入るならいいんだけど、コンドームはマスト。例えピル飲んでても。それが嫌なら吉原のNS(ノースキン)店に行け。

 そこからが医者の医者だけにうざいところの開幕である。産婦人科は、エイズがいかにノーマルセックスで感染しにくいかをさらりと講義し、クラミジアや淋病などのマイナートラブルがいかに抗生物質ですぐ治るかを熱弁。「ナマってちょっとドキドキするけど、気持ちいいよ」というコメント付きで。

 なまじ医療知識のある医者はこれだから困る、とアキナはタメイキをつく。ナマのセックスが気持ちいいことなんてプライベートで10年前から実証済みである。結局、押し問答の末、渋る産婦人科の下半身についた余計な肉片にコンドームを被せ、間をとっての1万円でアキナ嬢は本番行為をした。付けるのを渋っていた割に、一度も体位変更やペースダウンをせずに、童貞中学生のようなノンストップ腰振り3分オルガズム。コンドームつけててちょっとは挿入時間伸びたならそのほうがよかったやん、とアキナは呆れていた。

 彼女はウナギを食べながら、私にこう話した。

「医者だからセックスがうまいわけじゃないのくらい知ってるのよ。大体、毎日毎日女性器見てる産婦人科が女性器に興奮して3分でイクって面白いじゃん。セックス下手な産婦人科医ってかわいい」

「でもね、都合よいときにだけ、医者になるのが許せないのよ」

 アキナは人生初風俗のピンサロ時代、夜勤明けの医者の相手をしたことがある。

「なんか、仕事柄、時間がこれくらいに終わることがあって、とか言ってきて。うーんと当直で……あ、当直とか言ったら職業バレちゃうかな? あはは、とか医者アピール激しいの。どうみてもぺーぺーの研修医なんだけど。まあピンサロだから貧乏人しか来ないし」

「で、クリトリスというのはそもそもペニスでどうのこうの、みたいな文句垂れてくるくせに、いざヌクってときになったら、はぁぁぁん、そこもっとーとか興奮しっぱなしで頭抑えてくるし。ピンサロってイマラチオ禁止なのに」

 医者の皆様。医療の知識があるのは素晴らしいことです。セックスをありのままに楽しむことは素晴らしいことです。くれぐれも、その2つ、混ぜるな危険、であります。都合よく知識をひけらかすと、セックスの腕が多少でも拙い場合に、風俗嬢に殺意をおぼえられます故。

プレイのお医者さんごっこなら歓迎してあげるけど……

プレイのお医者さんごっこなら歓迎してあげるけど……

【鈴木涼美(すずき・すずみ)】
83年、東京都生まれ。慶應義塾大学環境情報学部卒。09年、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。専攻は社会学。「身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論」(幻冬舎)発売中。現在は日経新聞を退社し、執筆業を中心に活動。幻冬舎plusにて「愛と子宮が混乱中 夜のオネエサンの母娘論」(http://www.gentosha.jp/articles/-/3708)を連載中。公式ブログ(http://lineblog.me/suzukisuzumi/)更新中
撮影/福本邦洋 イラスト/ただりえこ

「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか

慶応大学環境情報学部卒。東京大学大学院学際情報学府修了。本書がデビュー作。

身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論

「お乳は生きるための筋肉」と語る夜のおねえさんの超恋愛論

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中