安く手軽にカラダを売り続ける“普通の女の子”の過酷な日常。ネットカフェで、父親の車で…

 困窮する女性が増えるなかで“ハダカの価値”が暴落している。ある女性は劣等感から軽はずみなセックスに走り、またある女性は劣悪な環境で売春を営む。一億層貧困社会の到来でセックスすら貧困化し、ついには「体を売っても生きていけない女性」まで実在するようになったのだ。

 ここでは、その衝撃の一部を紹介しよう。

「より安く手軽に」カラダを売り始める若い女性たち


安く手軽に体を売り続ける“普通の女の子”の過酷な日常に密着。ネットカフェで、父親の車で…

ネットカフェで客を待つ杉野さん。「この店は私みたいなコが多くて、若いコとスーツ姿のカップルがいっぱい来ますよ」

 北関東の某県で生まれ育ち、現在は都内のシェアハウスで暮らす杉野敦子さん(仮名・22歳)。高校卒業後、彼女は進路を父親の独断で決められた。

「ウチには学校に行かせるお金はない。これからは手に職があるのが一番強いからって、馴染みの近所の理容店へ勝手に就職を決められてしまって。従業員は店舗を兼ねる家の中で順番にお昼ご飯を食べるみたいなところで、月給は6万円でした」

 今どき珍しい、ほとんど徒弟制度のようなその店で彼女は半年間働いたが、地元の友人と会って話すたびに自分の境遇への違和感が募っていったという。

「いくら実家住まいだからって今時6万円でどうやって生活するんだと。すぐにイヤになり、父親にそういうと『俺の顔を潰すな』と言われ……。それで大ゲンカです」

 彼女は家を飛び出し、上京。都内で進学した地元の友人宅やネットカフェを転々としていた。

「その頃、地元の友人に、援交を薦められたんです。出会い系サイトに書き込むたびに稼げて『3日で月給越え!』みたいな(笑)」

 だが20歳を過ぎると、少しずつ男の出す金額に陰りが出始め、次第に「ホテル代を出す/出さない」で揉めることが増えたという。

「それで、慣れ親しんだネカフェで客をとるようになったんです。部屋代が数百円だと男も喜ぶし、非日常感も興奮するみたいで、基本は口や手でOK。10分そこそこで数千円だから効率がいいなと」

 ただ、それでも相手が見つからない日は「1万円でセックスすることもある」とか。

「このお店は完全個室なので、よっぽど声を出さなければ店員にはバレない。“アレ”の臭いが充満しちゃうのが欠点ですけど(笑)」

 “短時間で安く”を突き詰める女性はほかにもいる。出会い系サイトに〈私の車で低で遊べる人募集〉と書き込んでいたのは、埼玉県在住のフリーター・中野真美さん(仮名・21歳)だ。彼女はなんと、自家用車で男性の場所まで行き、カーセックスで稼いでいるという。

「この方法を始めたのは去年かな。私の家の周りじゃあんまり男が見つからないし、遠くまで来る男も少ないから『じゃあ、ドライブついでに行っちゃおうか』って」

 ちなみに、彼女が書き込んでいる「低で」というのは「低料金で」という意味。こうやってケチな男性を漁るのは、最近出会い系サイトでよく目にする傾向だという。

「この車はお父さんのだから、深夜しか使えないんですよ。バレたらヤバいし。待ち合わせ場所に着いたら、男を乗せて近くの駐車場でフェラで5000円か、ゴム付きのセックスで1万5000円かを選んでもらう。だいたいみんなセックスしたがりますけどね」

 3/8発売の週刊SPA!に掲載されている特集『[セックスの貧困化]が止まらない』では、上記のような衝撃のルポルタージュを多数掲載。「ご飯さえ奢ってくれればセックスさせる派遣OL」「最貧困シングルマザーの驚愕のセックスライフ」「風俗で働けば働くほど貧乏になるダミー嬢の過酷な日常」「客が取れない最下層風俗嬢の現場」などに潜入し、徹底取材をしている。貧困化に歯止めが効かない彼女たちはいったいどこに向かうのか。彼女たちの衝撃のセックス観はぜひ本誌でご一読を。 <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!3/15号(3/8発売)

表紙の人/ 久松郁実

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中