ビッグダディ“7度目の結婚報道”に疑問「7回目じゃなくて、6回目ですよね?」 本人を直撃

 大家族ドキュメンタリー番組『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)で人気を集め、一時はテレビ番組などでも引っ張りだこだったビッグダディこと、林下清志(51)。最近はメディアに姿を見せなくなっていたが、5月4日に行われた女性アイドルグループ「ILoVU」のイベントに出演した際、突如「7度目の結婚」を宣言。5月10日にはブログで「居酒屋で出会った女性との結婚」に至った経緯について書き綴った。

 相変わらず、自由気ままで破天荒な生き方を貫くビッグダディ。そこで、日刊SPA!取材班は、ことの真相を確かめるべく、ビッグダディ本人にインタビューを敢行した。

ビッグダディ

7度目の結婚は居酒屋で決めた


――『7度目の結婚』とネットニュースなどで報じられましたが、居酒屋で出会っただけの女性となぜ結婚を決めたんですか?

「俺が人生を決断する基準は面白いか、面白くないか、その一点。不埒な理由だとは思うけど、居酒屋で出会った女性が婚姻届を持っていて、“もし嫁にもらってくれる人がいたら、すぐ書かせるため”だった。それは面白いってなって“俺でよかったら書くよ”と。婚姻届に書いて渡したんだよ」

――それが4月末のことですよね。その後、どうなったんですか?

「もし婚姻届を出したら、通知が俺のところにも届くはずなんだけど、届いていないからな。おそらく出していないんじゃないかな。このニュースがネットで報じられて、申し訳なくなってLINEで一度だけ連絡とったんだけど、出したかどうかはわからず仕舞いだったよ」

――あいかわらず、非常識ですね。

「世の中の常識というのは、誰かが決めた先入観でしかない。俺自体が非常識だと思っていないんだから、それでいいだろ」

 ここで一つの疑問が残る。記者の記憶が正しければ、ビッグダディの結婚はこれで6回目になるはずだ。以下が概略である。

1回目(1991~2001年)佳美
2回目(2002年)   佳美
3回目(2008~2011年)佳美
4回目(2011~2013年)美奈子
5回目(2014)    三由紀
6回目   ?


 何度も結婚と離婚を繰り返すうちに、回数がわからなくなってしまったのか。また、7回目ということを何の疑いもなく報じるメディアも、ビッグダディの結婚回数に興味をなくしてしまったのか……とりあえず、その真意を聞いてみた。

――結婚は7回目じゃなくて、6回目ですよね?

「……(少し沈黙ののち)実は去年春から秋にかかけて、4か月の結婚生活があったんだよ。どこにも話していなくて、嘘をつきたくないけど、そこは言うべきじゃなかったので話さなかった。事情が特殊だったから……あんまり言いたくない。ただ、1つ言えるのは、6回目の結婚は1度も会わずに結婚して、1度も会わずに離婚したということだよ」

――7回目の結婚ですが、婚姻届を提出したって通知が来るといいですね。

「提出しようとしまいと、それは彼女に任せていることだから、どっちでもいいんだけど。実は今、東京の家を引き払っていて、無宿者生活を送っているんだ。都内の公園とかネットカフェとかでね。北海道でジンギスカン料理の修行をするために、最近家を引き払ったんだけど……そうなると、通知が届かないかもしれないなあ(笑)」

 5月下旬からジンギスカン料理の修行を積みに北海道にわたり、今夏に沖縄でお店をオープンする予定だと話すビッグダディ。どこまでも破天荒で自由気ままな男に、われわれの常識は通用しないようだ。

<取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>

さらば、ビッグダディ

読者とのやり取りを収録した一冊!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中